体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老舗から初出店スイーツまで! おみやげだけじゃもったいない東京駅の新スポット“TOKYO Me+(トウキョウミタス)”がオープン

TOKYO Me+(トウキョウミタス)

年末の帰省シーズンに嬉しい、とっておきのギフトが手に入る新スポットが登場。東京駅八重洲側の商業施設“東京駅一番街”にある、1階八重洲北口前の“おみやげプラザ”が“TOKYO Me+(トウキョウミタス)”として、11月8日にリニューアルオープン。7日にはプレス向け内覧会が行われ、32店舗がお披露目となりました。

“TOKYO Me+(トウキョウミタス)”は、自分を“満たす”を語源とした新しい施設で、おみやげとしておなじみの「東京の和菓子、洋菓子の定番みやげ」の商品はもちろん、人気のパティシエがプロデュースする洋菓子店や、佃煮をはじめとした東京の老舗店舗が集結した、これまでになかったショッピングスポットです。

注目すべきは全32店舗のうち、初出店が11店舗もあること。知る人ぞ知る絶品スイーツが手に入るのでグルメな方にはたまらないはず。そんな“TOKYO Me+(トウキョウミタス)”からオススメの店舗、商品をピックアップしてご紹介します。

TOKYO Me+(トウキョウミタス)

東京駅八重洲北口一階に構える“TOKYO Me+(トウキョウミタス)”。駅に直結しているので、おみやげを買いそびれた時にとても便利ですよね。そして、東京駅は日本全国をつなぐターミナル駅でありながら、周囲に様々な企業が存在するオフィス街。

“TOKYO Me+(トウキョウミタス)”の企画を行った、東京ステーション開発の木下さんによると「これまでの“おみやげプラザ”ですと、どうしても帰省や旅行の際のおみやげというイメージが強かったのですが、もっと近隣の方が気軽にお買い物できるような場所にしたいと考えました」とのこと。これまでの統一された内装とは異なり、店舗ごとのブランドイメージに合ったインテリアなどこだわりがたくさん。歩いているだけで楽しくなるほどです。

DSC04676

特にこだわったというのが“ゾーン分け”。「パティシエコレクション」「のれんてみやげ」「プライベートスイーツ」「東京定番みやげ」と分かりやすく店舗が配置されているので、シーンに応じたお買い物ができます。

DSC04677

中でも「のれんてみやげ」は東京の老舗の食品や雑貨を集積した注目のゾーン。1862年創業、現代の醤油煮の原型を作った佃煮の元祖店“日本橋鮒佐”や、1782年創業の佃煮店“新橋玉木屋”といった、歴史のある店舗がそろっています。

DSC04681 TOKYO Me+(トウキョウミタス)

「のれんてみやげ」の中の「東京イッピン」というラインでは、“竺仙”、“榮太樓”など東京地区の老舗の逸品がズラリ。佃煮のほか、老舗菓子、扇子、風呂敷な ど約35ブランドの商品が小分けで販売されています。

例えば、麻布十番“豆源”のお菓子と浅草の雷おこしを同時に購入することができて、パッケージもオシャレ。それぞれの店舗をまわって購入しようとすれば時間がかかってしまいますが、ここに来れば一度に手に入るというわけです。ディスプレイも手に取ってゆっくり楽しめるよう「コスメカウンターや雑貨店を意識した」そう。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。