ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4(KitKat)で「アプリケーションの選択」画面がリスト形式に戻る、前回選択したアプリがハイライトされて利便性も向上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4(KitKat)で共有アプリを選択する際などに表示される「アプリケーションの選択」画面の表示方法が変わりました。Android 4.1~Android 4.3までのJely Beanの表示方法は、画面上にアプリアイコンがグリッド形式で並ぶものとなっていましたが、Android 4.4でリスト形式に変わりました。Android 4.0(ICS)までの表示方法に戻ったといえばAndroid使用歴の長い方には分かりやすいですね。リスト表示になってアプリや機能名などの文字が大きく表示されるので、以前よりも目的のものを見つけやすくなったと思います。Android 4.4では単純にリスト形式に変わった(戻った)だけではなく、前回選択したアプリがハイライトされるようになるなど利便性も良くなっています。例えば、リンクを開くWEBブラウザを時と場合によって使い分けている方が前回と同じアプリを使用する場合(「常時」は解除が面倒なので利用しないという方)、もう一度「1回のみ」をタップするだけで前と同じアプリを選択できます。Source : Android.com



(juggly.cn)記事関連リンク
DeNAが「Mobage」のチャット機能をAndroidアプリ化、「Mobage Chat」をGoogle Playストアで公開
小米科技、Snapdragon 800を搭載した「Xiaomi Mi3 WCDMA版」を12月中旬に発売
Moto Gのプレス画像が流出、基本カラーはホワイト、ブルー、グリーン、ピンクの4色か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP