ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

竹書房「本当にあったゆかいな話」に『ドラえもん』制作秘話が! えびはら武司『まいっちんぐマンガ道』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

竹書房から発売中の雑誌「本当にあったゆかいな話」で短期連載中のえびはら武司先生の『まいっちんぐマンガ道』。
アニメ化された『まいっちんぐマチコ先生』の作者でもあるえびはら先生は、かつて藤子不二雄先生がコンビを解消する前の藤子スタジオに在籍。主に藤子・F・不二雄(藤本弘)先生の方のアシスタントをしていたのだが、今回の12月号では『ドラえもん』制作当時の裏話が描かれている。

先日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で藤子・F・不二雄先生が取り上げられたこともありご存知の方も多いかと思うが、現在こそ国民的漫画となっている『ドラえもん』も連載当初はさほど人気が出なかったという。
藤本先生が「もうちょっと評価されてもいいのにな」とつぶやいていたことや、現在のテレビ朝日版ではない日本テレビ制作のアニメ『ドラえもん』、実写版の企画などさまざまなエピソードが語られている。

ページ数は6ページとあまり多くないが大変面白い内容で、次号も「ドラえもん秘話」の続きが掲載されるという。興味のある方は読んでみてはいかがだろうか。

※画像は「本当にあったゆかいな話」のサイト(http://honyu.takeshobo.co.jp/category/honyu/)より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP