体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注目バンド、シナリオアートがメジャー・デビュー! ミニ作『night walking』発売

 

 

絵本のような幻想世界の〈物語〉を奏でる関西出身の男女ツイン・ヴォーカル3ピース・バンド、シナリオアート。彼らが、ASIAN KUNG-FU GENERATIONやKANA-BOONらを擁するKi/oon Musicから、メジャー・デビュー作となるミニ・アルバム『night walking』を2014年1月15日にリリースすることがあきらかとなった。 

ハヤシコウスケ(ギター/ヴォーカル)、ハットリクミコ(ドラムス/ヴォーカル)、ヤマシタタカヒサ(ベース/コーラス)の3人から成るシナリオアートは、2012年4月開催の〈キューン20 イヤーズオーディション〉で約4,000組の応募者のなかからKANA-BOONと共にファイナリスに選ばれ、東京・恵比寿LIQUIDROOMでライヴを実施。今年6月に発表したミニ・アルバム『-DRAMATICS-』がタワーレコードのオススメ・アイテム〈タワレコメン〉に選出されるなど、その人気や評価を急上昇させている。今回のアルバムには計6曲が収録され、デジパック仕様の期間限定盤初回分には特設シークレットサイトへのパスワードが封入となる。

現在、『night walking』の特設サイトではアルバムの1曲目“ブレーメンドリームオーケストラ”の試聴が可能。歌詞も掲載されているので、気になる人はいますぐアクセスをどうぞ!

★シナリオアートのメジャー・デビュー作『night walking』の特設サイトはこちら

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会