ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneやiPadをChromecast受信機に変えるiOSアプリ「ChromeCatch」が配信中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhoneやiPadをGoogleのHDMIスティック「Chromecast」の受信機に変えるiOSアプリ「ChromeCatch for Chromecast」がApp Storeで公開されています。アプリの価格は300円です。ChromeCatchは、Androidアプリとして公開されたChromecastエミュレーター「CheapCast」と同様のアプリです。アプリをインストールすると、iPhoneとiPadがChromecastを接続したテレビ/モニタのようになり、別の端末からYouTubeやGoogle PlayミュージックなどのChromecast対応アプリのコンテンツをストリーミングできます。ChromecastではChromeブラウザのタブを転送することもできますが、現在配信中のバージョンではサポートされていない模様です(転送されませんでした)。ChromeCatchはアプリをインストールして起動するだけでストリーミングの待受けモードになります(Ready to Cast画面がそれです)。するとAndroid端末かiOS端末のYouTubeやGoogle PlayミュージックにCastボタンが表示されるようになるので、Castボタンをタップして出力先をChromeCatch搭載端末(写真はiPad miniです)を選択します。「ChromeCatch」(App Store)Source : ChromeCatch



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorolaが「Touchless Control」アプリに‟Find my phone”コマンドを追加、付近にある端末を音声操作で発見できる
Lenovo Yoga Tabletは明日11月1日に発売
Google WalletのNFC決済機能はNexus 5で刷新される? Nexus 5の使用部品から予想される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP