ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovo Japan、‟Yoga”ブランドの新型Androidタブレット「Yoga Tablet 8」、「Yoga Tablet 10」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovo Japanは10月30日、1台で3つの操作スタイルを持つAndroidを搭載したマルチモードタブレット「Yoga Tablet」2機種を発表しました。国内では11月上旬に発売される予定です。Yoga Tabletは、丸みを帯びたグリップとキックスタンドを備えた独特な形状のボディを採用したAndroidタブレット。シーンに応じて「ホールドモード」「スタンドモード」「チルトモード」の3つの操作スタイルを選べるのが大きな特徴です。「ホールドモードは膨らんだ部分を持って操作するスタイル。折りたたんだ雑誌を持つような感覚で電子書籍が見やすい。「スタンドモード」は背面のキックスタンドを利用してデスクやテーブルの上に横置きする操作スタイル。動画が見やすく、キーボードやマウスを接続すればミニPCのようにすることもできます。フォトフレームにもなりますね。「チルトモード」はキックスタンドを開いた状態で仰向けにするスタイル。若干傾斜するため、うつ伏せで利用する時に文字が入力しやすい。ラインアップは8インチモデル「Yoga Tablet 8」と10.1インチモデル「Yoga Tablet 10」の2種類。価格は、8インチモデルが27,800円、10.1インチモデルが37,800円。カラバリはシルバーグレー1色です。「Yoga Tablet 8」は8インチ1,280 × 800ピクセル(WXGA)のIPS液晶を搭載。本体サイズは213 x 144x 3.0~7.3mm、質量は401g。バッテリー駆動時間は約16時間(Wi-Fi使用時)。「Yoga Tablet 10」は10.1インチ1,280 × 800ピクセル(WXGA)のIPS液晶を搭載。本体サイズは261 x 180 x 3.0-8.1mm、質量は605g。バッテリー駆動時間は約18時間(Wi-Fi使用時)。2機種ともプロセッサはMediaTek MT8125 1.2GHzクアッドコア、RAM容量は1GB(LPDDR2)、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードも利用可能です。カメラは背面に500万画素と前面に160万画素を搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、Miracastに対応。その他、Gセンサー、ライトセンサー、デジタルコンパス、GPS、Micro USB端子(OTG対応)、ステレオスピーカー、マイク(ノイズリダクション機能付)なども搭載しています。Source : Lenovo



(juggly.cn)記事関連リンク
下り最大110Mbpsの新モバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+」がいよいよ本日スタート
NTTドコモ、dメニュー内でファッション通販サービス「d fashion」を開始、ドコモポイントやドコモケータイ払いが利用可能
Xperiaホーム最新版「6.1.A.0.5」が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。