ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexusスマートウォッチの量産が1か月以内に開始される見込みとの報道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは自社ブランドのスマートウォッチの開発終盤に差し掛かっており、近く量産が開始されるとWSJがGoogleの計画に精通した人物からの情報として報じました。WSJの報道によると、Googleはスマートウォッチの量産のためにアジアの企業とその準備に取り掛かっており、早ければ1か月以内にも量産を開始する準備が整うとのことです。GoogleのスマートウォッチはNexus 5といった新型Nexusと同時に発売されると予想されていましたが、まだ量産前とすれば新型Nexusよりも後に発売される可能性が高そうですね。Googleのスマートウォッチの名前や仕様などは伝えられていませんが、ファームウェアはAndroidベースで、Google検索の一つであるパーソナルアシスタント機能「Google Now」が統合されており、Google Now経由で接続したスマートフォンやタブレットといった他の機器の情報(メールやカレンダーの予定など)を呼出すことができるそうです。また、Googleは現行のスマートウォッチに対する2大批判・・・有用性とバッテリー寿命に対処できることを目的に製品の開発を進めているそうです。どのようにして有用性を良くしようとしているのかはGoogle Nowがどのように機能するのかで変わってくると思いますが、バッテリー寿命については‟1日の間に何度も充電する必要のない”ものに仕上がっているとされています。Source : WSJ



(juggly.cn)記事関連リンク
Lenovo Japan、‟Yoga”ブランドの新型Androidタブレット「Yoga Tablet 8」、「Yoga Tablet 10」を発表
11月1日より携帯電話に070で始まる番号が追加
Motorolaは「Moto G」を近く発表? そのリンクが公式サイトに一時的に追加されていた

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP