ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年10月28日~11月03日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年10月28日~11月03日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:蟹座

今週のテーマは「慎重に運ぶ」です。集中力にも感情にもムラが出やすいとき。調子が良いときはスムーズに進むのですがやる気が落ちてくると途端に一気に無気力になるなど極端に走る傾向にあるようです。落ちたときにミスが増えそうなので慎重さを心がけましょう。

第2位:山羊座

今週のテーマは「誘惑に打ち勝つ」です。やるべきことが終わっていないのに魅了されるような誘いが多い週となるかもしれません。しかしここで負けてしまうと後で苦労することに。今は耐えることが求められています。新たに勉強や習い事を始めるのは吉と出そう。

第3位:牡牛座

今週のテーマは「協力して成し遂げる」です。自分ひとりの力で乗り越えようとするより周囲と協力し合うことでより良い結果が得られる兆し。そのなかで率先して動くのは吉と出るでしょう。すぐに目に見える結果が出ないからといって投げやりになるのは禁物です。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/443772 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:水瓶座
今週のテーマは「向上心を大切に」です。自分に不足している物事を洗い出して目標を設定したり成長の糧にするとき。できないことを恥じたり落ち込んだりするのではなく向上心に変えることが肝要。特に過去に失敗した分野においてその傾向が強いかもしれません。

第5位:乙女座
今週のテーマは「自己を省みる」です。周囲の人から受けた忠告は謙虚に受け止め聞き入れるように心掛けましょう。また自分の判断を絶対と過信しないことも肝要です。ありのまま等身大の自分を受け入れることが今後大きく成長するための鍵。背伸びなど不要です。

第6位:射手座
今週のテーマは「対等な目線」です。上からでもなく下からでもなく相手と同じ目線に立って接することが幸運の鍵となるでしょう。ただし売り言葉に買い言葉は禁物。今関係をこじらせると長く引きずることになりそうです。計画性を持って行動することも心掛けて。

第7位:魚座
今週のテーマは「直感に従え」です。良くも悪くも直感力が働くとき。ダメだと感じたときにすっぱり見切りをつけることも肝要です。ただし諦めるべきではないと思ったことはとことん追求していくことも重要。攻撃的になりやすいときなので言動には注意しましょう。

第8位:牡羊座
今週のテーマは「初心に返る」です。うまくいかないことがあるときは無理に強行突破しようとせず原点に立ち返ってみましょう。家族や旧友などあなたのルーツとなる人との交流のなかに現状打破のヒントが隠されているようです。散財は控えて財布のひもは固めに。

第9位:蠍座
今週のテーマは「好奇心は猫をも殺す」です。要らぬお節介を焼いたり余計なことに首をつっこみ過ぎるとあとで苦労をするはめに。途中で投げ出すこともままならない状況に追いやられるかも。自分の手の届く範囲のみにとどめておくのが賢明。抱え込みにも注意です。

第10位:双子座
今週のテーマは「整理整頓」です。行き詰まりを感じたらまず状況を整理することから始めましょう。また見た目的にも部屋や机上を整頓することで気分転換になったり発見が得られるかもしれません。争いごとは避けて通ったほうが良さそう。精神的な消耗は控えて。

第11位:獅子座
今週のテーマは「思いやりを持つ」です。合理的に判断していくことで物事が順当に進んでいくとき。しかしそういうときこそ周囲への気配りを忘れがちです。時に相手の立場を慮ることも肝要なのでは。あまり厳しく締め付け過ぎず成り行きを見守ることも必要です。

第12位:天秤座
今週のテーマは「日常を大切に」です。功を焦ったり無理にチャンスをつかみにいこうとするよりもまずは日々の生活をしっかり積み重ねていくことが肝要です。またやり直すのに遅過ぎるということはありません。地道な努力が結果に繋がることを肝に銘じましょう。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP