ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「マジョリカ マジョルカ」10周年記念 スペシャルムービー第4弾テーマは“ピュアなたくらみ”

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


自分らしさを大切にする女性から、多くの支持を集めるメーキャップブランド「マジョリカ マジョルカ」も今年で10周年。ブランド誕生10周年を記念したスペシャルムービーを、これまで3回配信してきました。
そして10月21日から公開されたスペシャルムービー第4弾「Pure Play」は、10周年の締めくくりとなる作品。“ピュアなたくらみ”をテーマに、女の子の心に潜む欲望の目覚めを描きます。監督は、ブランド誕生時マジョリカ マジョルカのアートディレクターを務めた山本コージさん。切り絵作家タナカマコトさんとコラボレーションし、繊細で奥行き感のあるコマ撮りムービーに仕上がっています。

2013年10月21日(月)新発売10周年記念 限定発売「ザ リトルハミングブック Ⅳ」

この冬のプロモーションでは、“ピュアを装う女の子のたくらみ”をテーマに5品目6品種のアイテムを展開。中でも注目は、ブック型パレット「ザ リトルハミングブックⅣ」です。これは2013年マジョリカ マジョルカ10周年を記念してつくられた全4冊の「ザ リトルハミングブック」シリーズの最終章にあたるもので、今回はピュアな肌を印象づけるハイライトカラーのパレットです。
また名前のとおり「歌」がテーマになっており、WEBサイトではそれぞれのブックをモチーフとした曲が楽しめ、さらにその4曲を奏でるオルゴールがプレゼントされるキャンペーンも展開中。10周年の集大成ともいえるブランドアイテムなので、ぜひ店頭でチェックしてください。

今回のムービーは、このブック型パレット「ザ リトルハミングブックⅣ」と連動したストーリーになっています。はかなげな歌声の先に待っているのは、汚れを知らない純白の世界。そこで繰り広げられるさまざまな出来事によって、女の子の心に秘められた欲望が目覚めていきます。10周年を締めくくるメッセージが込められた、特別なムービー作品。レースのような繊細な切り絵と音楽に心がときめきます。






【ストーリー】
葉っぱの中に埋もれていたのは、何も書かれていない1冊の本。ページを開くと、不思議な楽譜が現れる。本の中に広がる純白の森には、さまざまな動物たちが住んでいて、女の子を惑わすように巧みに誘い込む。そこに現れたのは、リンゴを抱えた1匹のリス。何も知らない女の子が、そのリンゴを口にすると、女の子はたちまち変貌を遂げてしまい……。

マジョリカ マジョルカ(MAJOLICA MAJORCA)公式ブランドサイト http://www.shiseido.co.jp/mj/

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP