ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エレコム、Android向け節電アプリ「ELECOM バッテリーセーバー」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エレコムは10月22日、Android端末のバッテリー節電アプリ「ELECOM バッテリーセーバー」をリリースしました。アプリの価格は月額104円です(30日間の試用期間あり)。対応機種はv2.3.3以上を搭載した端末です。ELECOMバッテリーセーバーは節電機能とタスクキラー機能を備えたアプリです。メインの節電機能では、Wi-Fi/モバイルデータ通信/Bluetooth/自動同期といったAndroid端末の各種機能を、起動中とスリープ中のそれぞれで事前に定義した設定内容に自動的に切り替えることで節電を図っています。どちらの状態でも設定内容はプロファイルとして定義します。デフォルトでは「デフォルト(起動中)」と「デフォルト(スリープ中)」のプロファイルが有効になっていますが、この内容を修正するか、新規にプロファイルを作成するかで設定内容を変更できます。

節電アプリの用途はスリープ中のバッテリー消費を抑えようという目的で使用することが多いと思いますが、このアプリでスリープ中の節電を図ろうとするならスリープ中のプロファイルで、Wi-Fi、Bluetooth、モバイルデータ通信をOFFに設定します。これだとスリープ中のメール受信もストップしてしまいますが、このアプリには定期的に通信を有効にする機能もあるので、その問題を回避することができます。「ELECOM バッテリーセーバー」(Google Playストア)Source : エレコム



(juggly.cn)記事関連リンク
Appleが新型タブレット「iPad Air(第5世代iPad)」、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を発表、11月1日より発売
KDDI版Xperia Z1が本日発売
HTCのタブレット端末は”破壊的”なものになると会長が発言

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP