ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Twitterに洗浄機画像を投稿されたそば屋が負債額3300万円で閉店 ネットでは「元々潰れる店だったんだろ」の声

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


東京・多摩市のそば店『泰尚(たいしょう)』のアルバイト学生がTwitterに「洗浄機で洗われてきれいになっちゃった」と画像付きで『Twitter』に投稿。投稿したのは8月9日でお店の洗浄機に体を入れ洗浄機で遊んでいる様子である。
このそば屋『泰尚』が閉店となりネットでは騒然とした騒ぎになっているが、負債額が発表され疑問に思っている人もいるようだ。その負債額は3300万円だという。
この負債額について次のように書かれている。


・元々潰れる予定の店だったんじゃねーか。
・学生バイトから取れても数万円から数十万だろ。
・ブロンコビリーとは違うな。
・たった2ヶ月で1店舗だけで負債3300万って事件前から抱えてた負債が大半だろ
・元々状況悪かったのを、これを好機と見てバカッターのせいにして閉店したって可能性はないの
・倒産寸前だったのをバイトの責任にするとはふてえ店だなww
・こう言っちゃなんだが遅かれ早かれ潰れてたろw

以上のように負債額に対して元々経営状況の悪い店だったと書き込んでいる。また写真撮影時に「店主である女性がその場に居て見ていた」という主張と、店主による「その場にはいなかった」という主張で食い違っているようだ。
もちろん『Twitter』に写真を投稿した学生が全面的に悪いが、今回はこのような意見も挙がっているという報告をしたまでだ。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP