ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戦艦×美少女! フルCGで描く艦隊戦は激アツ! アニメ『蒼き鋼のアルペジオ』クロスレビュー[7/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2013秋アニメクロスレビュー『蒼き鋼のアルペジオ』

2039年、人類は温暖化に伴う急激な海面上昇により、地上での版図を大きく失った。
それに呼応するかのように、霧を纏う謎の軍艦群「霧の艦隊」が世界各地の海洋に出現、搭載した超兵器で人類の艦を攻撃し始めた。
人類は持ちうる戦力を投入し、最終決戦「大海戦」に臨むも、「霧」の圧倒的な武力の前に脆くも敗れ去った。
すべての海域、運搬経路を「霧の艦隊」によって封鎖され、政治経済は崩壊、人類は疲弊の一途をたどっていた―――――――
「大海戦」から7年。
士官候補生・千早群像の前に現れた「霧の艦隊」の潜水艦「イ401」。
敵であるはずの「イ401」、そのメンタルモデル「イオナ」との出会いは群像に、そして人類に何をもたらすのか?

制作/サンジゲン
監督/岸誠二
声優/興津和幸、渕上舞、松本忍
10月10日よりスタート
TOKYO MX 毎週曜日 22:00~
公式サイト:http://aokihagane.com/[リンク]

2013秋アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

7/10点(レビュアー 4名)

鬼嶋ピロのレビュー

演出 8
脚本 7
作画 8
OP / ED 7
か・ん・こ・れ?度 10
-----
総合 8

昨今かなりの勢いを見せる「艦これ」の艦むすみたいに擬人化キャラ?が登場する今作アルぺジオww初っ端から艦隊戦で始まりました、砲雷撃戦よーい!www
時期的にはかなり良い感じなんじゃないですかね?艦これユーザーを今作にも惹きつける事が出来ればかなりデカイですからねwwまぁ今作は潜水艦が主役機みたいですがw
とりま全編フルCG作品なんですかねw個人的にはキャラはポリゴンになっちゃうと萌えにくい派なんですけど、艦や背景や演出なんかはCGならではの安定と迫力がありますねww
ラストには人気艦コンゴウちゃんも登場したデースwww艦これの金剛とは全然違いますけどww

ジョージ・レックのレビュー

演出 4
脚本 4
作画 5
OP / ED 7
戦艦度 7
-----
総合 5

初っ端から艦隊戦とか燃える。こういう実在兵器が出てくるものは詳しい視聴者が厳しいと思うので考証とかちゃんとやらないと痛い目みそう。キャラクターもCGで描かれてるの珍しい。戦艦ひとつに美少女ひとりついてくるようだが、全体的に色合いも暗いのであまり魅力的に見えなかったのが残念。設定負けしてる雰囲気が否めなく、面白くなるのかちょっと不安にはさせられた。どうしても『艦これ』と比べられるだろうなと思ったら途中で艦これのCM流れてワロタ。

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 8
脚本 9
作画 8
OP / ED 8
タイミングが良い度 10
-----
総合 8

艦体が女の子キャラというのは今大ヒットしている艦これと似たような見え方なんですがうまくコラボもしそうなのでタイミングいいですね。
最近は兵器+美少女のアニメが大ヒットしてますので手堅くヒットしそうには思えますが、内容見たらなかなか硬派な模様。
まだ理由はわからないものの、どうして世界が荒廃してしまったかはちゃんと説明されましたし、アニメもなかなかの作画力です。
今までキャラをCGで描いた作品では背景とのミスマッチが目立ってましたが今作は気にならないですね。
しっかり見ていこうと思わされました。

srbnのレビュー

演出 8
脚本 7
作画 7
OP / ED 7
エンドカード 10
-----
総合 7

サンジゲン制作のCGアニメ。艦これがアニメ化と聞いてたのですが思ったより早かったですねー、って違うんかい。でも「私はあなたの船」って完全に艦娘じゃないですか。CGアニメですが、さほど違和感もなく観られました。見どころは人間キャラクターの動きよりも船艦の部分なので全然アリ。いままであまり興味のなかった分野のアニメなのですが、昨今の流行に流されて観ちゃいそうです。イオナ役の渕上舞さんは戦車道から船艦まで幅広い戦闘能力をお持ちで素晴らしいと思います。次は是非空でお会いしたいですね。

レビュアープロフィール

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP