ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【解禁】ホラー映画界の新鋭アダム・ウィンガード監督『ビューティフル・ダイ』 予告編ついに登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『V/H/Sシンドローム』『ABC・オブ・デス』『サプライズ』――今年日本公開のホラー映画の話題作に数々携わり、その動向が見逃せないアダム・ウィンガード監督。彼が2010年に手がけた『ビューティフル・ダイ』が11月30日に待望の日本公開。予告編も本日解禁となった。

予告編:http://www.youtube.com/watch?v=qXACeE-BTPw

カリスマ殺人鬼と、彼を通報した元恋人とを描いたスリラー『ビューティフル・ダイ』。予告編は単純に恐怖心を煽るスリラーとは異なり、心に迫るようなドラマチックな仕上がりとなっている。二人が迎える“美しく残酷なラスト”とは一体どんなものなのか? 今作は11月30日、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにてロードショー。
1982年生まれの若き才能・アダム・ウィンガード監督に今後も要注目だ。

映画『ビューティフル・ダイ』(原題: A Horrible Way to Die)
<スタッフ>
監督:アダム・ウィンガード「サプライズ」
脚本:サイモン・バレット「えじき(未)」
<キャスト>
AJ・ボーウェン「サプライズ」
エイミー・サイメッツ「サプライズ」
ジョー・スォンバーグ「サプライズ」

映画、ゲーム、怖いもの好きのためのホラー情報サイト『ホラー通信』― http://horror2.jp/

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。