ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Fitbitがリストバンド型活動量計の新モデル「Fitbit Force」を発表、OLEDパネルが追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Fitbitは10月10日、リストバンド型活動量計の新モデル「Fitbit Force」を米国で発売しました。価格は$129です。Fitbit Forceは既存のFitbit Flexの後継にあたる製品。新モデルでは、本体にOLEDパネルが搭載され、時刻やForceで取得した活動データを閲覧できるようになったほか、BluetoothでペアリングしたiPhone / Android端末の着信を通知する機能が追加されるなど、最近のスマートウォッチのように機能的になりました。また、新たに気圧高度計が追加されて高度を計測できるようになったほか、NFCにも対応し、NFC対応スマートフォンを本体にかざすだけでペアリング・専用アプリの起動を実行できるようになりました。Fitbit ForceのカラーはBlackとSlateの2色で、サイズは140~176mmのSmallと161~209mmのLargeの2種類。本体は防水に対応しています。3軸加速度センサーなどによって取得された消費カロリー、歩数、階段の昇降数、移動距離、睡眠時間・品質などのデータはBluetooth v4.0対応のAndroidスマートフォンやiPhoneにワイヤレスで転送することができ、付属のUSBドングルを利用すればPCにも転送できます。Source : Fitbit



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 5のロック画面やホーム画面を撮影した写真が流出
Android 4.4“KitKat”を搭載したNexus 5で「Tap & pay」という設定メニューを確認
ジャパンディスプレイ、WhiteMagic技術を適用した5インチフルHDの液晶パネルの量産開始を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP