体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレーライス有識者が本気で“利き水”!? 「口をさっぱりさせて柔らかいお水が相性いいです」

curry01

普段から身近なメニューとして昼食にも夕食にも登場するカレーライス。現在ではマイルドなものから激辛のものまでさまざまなレシピのものがあり、市販のルーも充実していますが、その際に切っても切れない関係なのが水の存在。複数のスパイスでの味付けを楽しみながらスプーンを進めるためには、必ず必要なものですが、あまりにも当たり前のものすぎて深く考えられていなかったというのが実際のところなのではないでしょうか。

そこで、日本のカレーに合う水は一体どんな性質のものなのか、レストランのプロデュースやメニュー開発、料理イベントの企画を手がけているカレー総合研究所代表の井上岳久さんをはじめとする有識者が本気で議論。用意された五種類の水とカレーとの相性を実際に食べながらジャッジしました。

curry02

テレビ東京『ソロモン流』にも出演し“カレーの達人”として活躍中の井上さんは、日本のカレーを「ルーが脂と小麦粉が中心に、クミンの香りがボディなので、どうしても濃くなる。こってりして残りやすいから、飲み物は味を邪魔しないものがいい」と分析。

また、「インドではラッシーやチャイを飲むけれど、それは水の方がまずくて高いから」と海外特有の事情があるとも指摘。「以前にイギリスでカレーを食べた時もあまり美味しくなかった。同じカレーを食べても味が違うのは、水が違うからだったのでは」と話す一方で、「コーヒーを飲む場合もあるけれど、意外とココアが合いますよ」とさまざまな選択肢を示します。

curry03

カレー総研の研究員で、1000種類以上のレトルトカレーを制覇しているという八巻宏さん。

「いくつものカレーを試食する際には、本来の味を楽しむために水を選びますね」といい、「若い頃はカレーと一緒にコーラを飲んでいましたが、年齢と共に水に落ち着きました。一般の家庭で食べるルーのカレーは、ねっとりして口に残るので、水でリセットさせるのがいい。中でも硬くないものがいいですね」と語ります。

curry04

新進気鋭の料理研究家で、埼玉・川口のカフェテラス『Saya Soyo』のオーナーシェフでもある岸晃弘さんは「個人的には炭酸水がシュワっとしていて飲みやすく、カレーもフレッシュな感じになる気がします」と意外な発言。

「皆さん好みが分かれますが、基本的には日本のカレーには水や麦茶、ウーロン茶が飲み慣れていて合うと思います。特に水は無味無臭で、口の中のものを流して、味わいそのものが楽しめます」と話し、「本場のカレーはさらっとしていますが、日本のカレーはとろみが強いので、キンキンに冷えた水よりも常温の水のほうがいいです。冷たいと脂分が固まって残ってしまいます」とシェフの立場から分析しました。 

curry05

食育や薬膳料理が專門分野で、野菜ソムリエでもある魚住咲巴さん。

「日本のカレーはスパイスの刺激だけでなく、お肉のうまみや野菜の甘みを味わうもの。食べるうちに発汗作用があるので、すっと水分が採れるものがいいと思います」とコメント。

また、「私は家でも身体にに入りやすいのでアルカリのお水を飲んでいます。浸透性が高くて粒子が細いから、お茶を淹れる時にも色がよく出ますし、料理でもだしを取る時に使います」と健康に気を使いながら水を選んでいるとのことでした。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。