ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2画面折りたたみ式スマートフォン「SM-W2014」が中国で認証を取得、2.3GHzクアッドコアプロセッサを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungの2画面折りたたみ式スマートフォン「SM-W2014」が中国 工信部の認証を取得しました。認証資料によると、「SM-W2014」はGFSM/CDMA2000に対応したデュアルSIMモデルなので、昨年までは「SCH-W」の型番で投入されていた中国電信向けの2画面折りたたみ式スマートフォンの後継機種と予想されます。主要スペックは、Android 4.3(Jelly Bean)、3.67インチ800✗480ピクセル(WVGA)のOLEDディスプレイ✗2、2.3GHz駆動のクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、背面に1,300万画素カメラ、前面に200万画素カメラを搭載。本体サイズは116.85 × 59.4 × 15.79mm、質量は173.5。Snapdragon 800を搭載しているようですね。韓国で発売されたGalaxy Goldenよりも高性能な機種とみられます。Source : Tenaa



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、LGのグローバルフラッグシップ「G2 L-01F」を発表、10月11日に発売
NTTドコモ、5.7インチフルHDのSuper AMOLEDディスプレイを搭載した「Galaxy Note 3 SC-01F」を正式発表、10月17日に発売予定
NTTドコモ、Xperia Z1の小型版「Xperia Z1 f SO-02F」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP