体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

独創性の大暴走! 映画『武器人間』の最狂クリエイター“ヴィクター博士”に心奪われよう

エンタメ 映画

『ブーキーニンゲーンー!!!』

兵器と人間が合体した改造人間のビジュアルインパクトと、大山のぶ代によるナレーションの予告編により、ネット上でじわじわと話題になっている映画『武器人間』
敗戦間近のナチス・ドイツが最後の策として、人間と武器とを合成した殺戮兵器を続々と造りあげていた……という、ブリリアントな設定のホラー・エンタテインメント作品だ。
今作は下記に当てはまる人に是非ともオススメしたい。

・怪人、怪物が好き!
・独創的なものづくりをする人が好き!
・ひたむきな人が好き!

これに当てはまる人は、予告編を見てみよう。そして予告編を見て少しでもときめきを感じたなら、劇場に足を運んで間違いない。先に言っておくと公開日は11月2日だ。

予告編:http://www.youtube.com/watch?v=oLI9H3v6XSI

自分の信念と美学のもとに、せっせと武器人間を製造し続ける一人の天才科学者・ヴィクター博士。ひたむきなヴィクター博士はこの映画の魅力の大きな一つだ。

「今度はなにと繋げようかな?」 「もっと造るぞー!」

自分のやりたいことをやっている人は、年をとっても若々しく、イキイキしているな……と思わずホッコリしてしまう。
生きた人間をつなげて新しい生命体を作ろうと懸命に頑張った『ムカデ人間』のハイター博士も記憶に新しいが、今作のヴィクター博士はより一層アーティスティックな方向に暴走、いや大暴走している。そう、出来上がった武器人間がいちいちカッコいいのである。
メインビジュアルにも使用された、長い口が特徴の“モスキート”をはじめ、ヴィクター博士の潜在的な美的センスを感じずにはいられないクールな武器人間たちが勢ぞろい。さながら武器人間のファッションショーだ。

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会