ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その発想はなかった! タオルを用途やその日の気分に合わせて使う『UCHINOタオル』新提案

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タオルを選んで使ってますか? タオルは、ギフトの定番アイテムなので、いつのまにか、家に自分好み以外の何気ないタオルが揃いがち。「選んで使う」ということにピンとこない人も多いのでは。

『UCHINOタオル』は、心地よさを追求した世界一タオルを研究している会社。コットンにこだわり、糸にこだわり、織りにこだわり、品質にこだわり……と、タオルにかけてのこだわり尽くした様々なタオルを開発。今回、2014年の春夏コレクションから、そのタオルに秘められた可能性と、タオルの選び方をご紹介しちゃいます。

タオルの質感を選ぶ


『UCHINOタオル』では、「マシュマロタッチ」「高乾度部屋干しタオル」「エアーワッフル」「ガーゼ&パイル」「日本の伝統おぼろタオル」「ホワイトオーガニックタオル」「ストレッチヘアタオル」などの用途にあわせたタオルがズラリ。

使うひとの肌の調子や、用途に合わせて、選んでもらえるように考えられて作られたものだそう。

ちょっと疲れて癒されたいときは、「マシュマロタッチ」などのほわっと軽い素材のタオルを。ほわほわタオルで包み込まれれば、自分も赤ちゃん肌に戻れそうなやわらかさ。また、スポーツの後は、しっかり汗をしっかり吸収してくれる厚手のボリュームのある素材がマル。

リラックスするために選ぶ


日本人の生活には、なんとも馴染み辛い「バスローブ」。バスローブを着てワイン片手に高層ビルから外を眺める、なんて90年代ドラマじゃあるまいし! と、突っ込みたくなってしまいます。

『UCHINOタオル』の衣類は、バスローブの質感なのに、部屋着としても違和感のないタオル素材の衣類が。スッキリしたデザインと柔らかな質感で、お好みのライフスタイルに合わせて使用できます。

タオル地の肌ごこちのいい衣類は、さっと水着の上にはおったり、ビーチにも持っていけそうですよね。

そのほか、タオル地のスリッパを室内履きとして使えば、お家でリラックスできること間違いなし。

タオルを気分で選ぶ


インテリアとしてのカラータオル提案。虹のようにカラフルなタオルは気分によってインテリアとしてチョイスも可能。ナチュラルなお部屋のソファに、カラフルなバスタオルをかけてみると、とたんにお部屋が明るく華やかに。一瞬でちょっととした模様替えが可能。また、ソファでうたた寝するときに、そのタオルを使えば、ひざかけやブランケット代わりにもなっちゃいます。

繊維は体をつつみこむ素材なので、用途別や気分別に合わせて使うと、日常生活がぐーんとグレードUP。タオルを選んで使うというのは、とっても贅沢で素敵なこと。毎日使うタオルだからこそ、自分贅沢なタオルを選んで使ってみては。

UCHINO
http://www.uchino.co.jp/index.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP