ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビジネスパーソン必携! 雑誌の読みやすさを活かした『日経ビジネス for iPad』配信開始

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


No.1経済・経営情報誌を『iPad』で快適に読める! 日経BPは『日経ビジネス』の『iPad』向けアプリケーション『日経ビジネス for iPad』を2013年10月4日より配信開始。昨年リリースしたスマートフォン版と併せて、パソコン、タブレットと利用シーンに合わせて『日経ビジネス』の閲覧方法を選べるようになりました。

『日経ビジネス』は1969年の創刊以来、40年以上にわたって企業マネジメント層を中心としたビジネスパーソンに、経済・経営情報を提供してきた雑誌です。2006年にはウェブサイト『日経ビジネスオンライン』の提供を開始。2011年12月にはパソコンやスマートフォンで雑誌誌面が読める有料サービス『日経ビジネスDigital』をリリースし、デジタル化によって変化する読者ニーズに応えてきました。


『日経ビジネス for iPad』は毎週金曜日に配信。『日経ビジネス』の全記事を紙と同じレイアウトで提供しています。バックナンバー(2013年10月7日号以降)を含めた配信記事は、ダウンロードして保存可能。複数冊をまとめて『iPad』で持ち歩いたり、電波の届かない場所でも快適に読めます。また、特集記事と連動した音声や動画などの独自コンテンツも配信するほか、記事のクリッピング、『Facebook』『Twitter』での共有機能も搭載しています。

現在、同アプリ誕生記念に『2013年8月26日其有(特集:女性昇進バブル)」を一冊まるごと無料公開中。さらに、2013年に発行した同誌の中から多くの読者に支持された特集・インタビュー・連載を特別編集した『日経ビジネス傑作選 for iPad』も配信しています。まずは無料版から試し読みをしてみてはいかがでしょう?


利用料金は、『日経ビジネスDigital有料会員であれば追加料金なしで利用可能。雑誌『日経ビジネス』+デジタル版セットは年間2万9000円、デジタル単独版は年間2万3000円(一括前払い、月払いの場合は月額2400円)。『Apple Newsstand』を利用すれば一冊(700円、税込)から購入できます(いずれも税込み)。

日経ビジネスDigital
http://nb241.jp/NBD/

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP