ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ITSLab、80ルーメンのプロジェクターを内蔵した7.85インチAndroidタブレット「PEACOCK(仮称)」を12月中旬に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ITSLabは10月8日、プロジェクターを内蔵した7.85インチAndroidタブレット「PEACOCK TP-8」(仮称)を12月中旬に国内発売すると発表しました。価格は59,800円です。PEACOCKは、7.85インチ1,024 x 768ピクセル(XGA)の液晶を搭載したiPad miniサイズのAndroidタブレット。OSはAndroid 4.2.2を搭載しています。特徴はタブレットにDLPピコプロジェクターを内蔵しており、タブレットの画面表示をスクリーンや壁などに投影できるところ。HDMI入力端子を搭載しており、HDMI出力に対応したブルーレイプレイヤーの映像やPC/スマートフォン/タブレットの画面も投影することができます。プロジェクターの投影解像度は854 x 480ピクセル(FWVGA)、輝度は80ルーメンです。Galaxy Beamの4,5倍の明るさなので、スクリーンと数mの距離であれば投影映像の視認性は良好だと思います。プロセッサはクアッドコア(型番不明)、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードスロットも搭載。カメラは背面に500万画素と前面に200万画素を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0に対応。バッテリー容量は6,000mAhで、連続投影時間は150分。その他、スピーカー x 2、Gセンサー、3.5mmオーディオジャックも搭載しています。Source : @Press(プレスリリース)



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、曲面ディスプレイを搭載したカーブデザインのAndroidスマートフォン「Galaxy Round」を正式発表
これが曲面ディスプレイ搭載スマートフォン「Galaxy Round(SM-G910S)」? 両端から内側にかけて画面がカーブしている
Droid Ultraの後継“Droid Quantum”と6.3インチスマートフォン“Droid Xplay”の噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP