ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモの「ツートップ戦略」は1回限りで終了、冬モデルでは実施せず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモが今年の夏モデルで実施したあの「ツートップ戦略」を今年の冬モデルでは実施しない方針を固めたそうです。日経が報じています。「ツートップ戦略」は、特定の機種をドコモの“顔”として宣伝し、他の機種よりも安く提供することで、販売台数を増やすことを狙った施策でしたが、日経によると、冬モデルでは「○○トップ」という呼び方で特定の機種を宣伝することを止めるそうです。しかし、機種ごとに割引などで価格差をつけることは継続されるとのこと。冬モデルはSony Mobiile、シャープ、富士通の3機種で「ツートップ戦略」が遂行されるという報道もありましたが、それはiPhoneの取り扱いが明るみにある前の話。iPhoneの導入が決まったことで、iPhoneが事実上、不動のフラッグシップとなり、ただでさえAndroid端末の販売数の減少が予想される中、さらにツートップ戦略」を行なうと、それに選定されなかった機種は目も当てられない自体となってしまうことが予想されます。そうならないようにメーカーに配慮して「ツートップ戦略」を止めることにしたのでしょう。Source : 日本経済新聞



(juggly.cn)記事関連リンク
「Xperia Z1 SO-01F」と「Xperia Z1 f SO-02F」のパンフレット画像がまた流出
MediaTek、TD-LTE/FDD-LTEをサポートしたスマートフォン向けSoC「MT6290」を年末にリリース予定
Google Playギフトカードがカナダで発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP