体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本語は本当に曖昧で回りくどいのか

日本語は本当に曖昧で回りくどいのか

今回はnabokov-VIIさんのブログ『nabokov7; rehash』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/429625をごらんください。

日本語は本当に曖昧で回りくどいのか

オフィスの壁にこんなプリントアウトが貼ってあった。

日本語は本当に曖昧で回りくどいのか

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/10/2.jpg

○○人の言うことと、その本当の意味対応表

日本語は本当に曖昧で回りくどいのか

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/10/3.jpg

では問題です。○○のところに入る国名はなんでしょうか!

答えはもちろん………

….イギリスですね!

やっぱりー。…あれ?日本人のこと言われてると思った?

思うんだけどこれ、どこの国の人も、自分のお国柄について同じような冗談を言ってるんじゃないかな。
掲載元*1のBBCのコメント欄には、「ケンタッキー人と英国人は共通点がたくさんあるようだな」「オーストラリア人も一緒だ」みたいなコメントがついてる。

*1:「What The British Say (And What They Really Mean)」 2012年01月13日 『BBC America』
http://www.bbcamerica.com/anglophenia/2012/01/what-the-british-say-and-what-they-really-mean/

欧米人は単刀直入に結論から入る、Yes/Noがはっきりしている、といわれるけど、会った事もない別の部署の人へのメールは「あなたの言う○○というのは大変重要なポイントだと思います。しかし…」と遠回りに入るのが普通だ。
人の性格とかコミュニケーションの方法なんてね、そんな変わらんですよ。どこいっても。

ただ、「日本人ってはっきりNoって言わないんだよね」などと外国人の口から聞いて、あぁ、本当にそう思われてるんだなぁって再確認することも確かにある。日本人(/語/文化)てほんとにそんなに間接的で、もやっとしたものなんだろうか?

仮説 1. 「日本の文化はあいまいで複雑」っていうのは日本人のセルフブランディングの結果なのでは?

この間も、日本人のあいまいなコミュニケーションの例として「どちらまで?」「ちょっとそこまで」っていうハイコンテクストな会話を挙げる外国人がいて、良く知ってるなぁって感心したんだけど、いやちょっと待ってw 実際にそんな会話してるとこなんて最近見た事ないわww

そういうの知ってる外国人って、日本通だったり日本語を習った経験のある人なんだよな。もしかしてそれ、日本語の先生が教え込んでるんじゃないの?

どっちかというと、「日本人は日本語/日本の文化が特殊だと思いたがる」という方が真相に近いんじゃないだろうか。
僕ら日本人が「日本人のコミュニケーションってあいまいな言葉ばっかでさー、なかなか複雑なんだよ。いやー面倒くさいわー。ほんと面倒くさいわー」って自虐っぽく言うとき、本当は、日本人としてのアイデンティティを最高に噛み締めているのでは?

そもそも「自分の所属文化が特殊だと思いたがる」っていうのも世界共通の現象だよね。どこの国でも、どこの会社でも「うちってちょっと変なんですよ」て言いたがる。たぶんそれが、ヒトの一般的なアイデンティティ確認の手段なのだ。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。