ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TOKYO FMが「Skyrocket Company社員アプリ」をリリース、DNPと共同でラジオ番組と流通店舗をつなぐO2O2Oアプリを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TOKYO FMは10月2日、同社の生放送ラジオ番組「Skyrocket Company」の公式アプリをリリースしました。Skyrocket Companyの公式アプリは、TOKYO FMと大日本印刷がラジオ番組と流通店舗をつなぐO2O2O(OnAir to OnLine to OffLine)アプリ開発の中で生まれたもので、リスナーは“ラジオの中の会社”の”社員”となって番組の様々な活動に参加したり、生放送が行われるスペイン坂スタジオに訪れた際にチェックすることでポイントを獲得でき、バーチャルな企業の中で出世していくというゲーム的な要素を含んだ内容となっています。アプリを利用するには無料の社員登録(会員登録)が必要です。アプリはスマートフォンを活用して生活者と店舗をダイレクトに繋ぎ、送客や購買促進、優良顧客の育成などを実現する大日本印刷が開発したO2Oプラットフォーム「PASSMART」と連携しており、クーポンの配信機能、エリアに応じた情報・特典を提供するチェックイン機能を備えています。同社はSkyrocket Companyアプリのリリースを記念して、10月17日(木)までにアプリのダウンロードしてログインを行ったリスナーを対象に、全国のローソンで利用できる「おやつごろ 各種(105円税込み)」無料引換券をプレゼントするキャンペーンを実施しています(店頭のLoppi端末にて先着1,000名まで引き換え可能)。「Skyrocket Company」(Google Playストア)Source :TOKYO FM



(juggly.cn)記事関連リンク
パナソニックがスマートフォンを子機にできる家庭用電話機「VE-GDW03DL」を11月14日に発売
“たまごっち”アプリ第2弾「スマホで新種発見!! たまごっち」がリリース
Samsung、1TB HDDを搭載したAndroidベースのネットワークストレージ「HomeSync」を米国で10月6日に発売、価格は$399

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP