ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

800MHz帯LTEを強力アピール LGと共同開発の『isai』や『Xperia Z1』『GALAXY Note 3』など6機種を発表したauスマートフォン冬モデル発表会レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


KDDIは10月2日、『au発表会 2013 Winter』を開催。Androidスマートフォンの冬モデル6製品とAndroidタブレット1製品を発表しました。同社がLTEで積極的に基地局を展開する800MHzの“プラチナバンド”をアピールし、全機種で800MHz帯に対応することをうたったラインアップ。発表会の模様をレポートします。

800MHz帯をアピール


発表会にはKDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登壇。9月の『iPhone 5s/5c』の発売を導入に、新『iPhone』でも対応した800MHzの“プラチナバンド”について、ビルの間を「回り込む電波」、建物の中に「入り込みやすい電波」としてその特性をアピールします。800MHzの申請済みの基地局数は3万4000という数字を例に、800MHz帯を基盤のバンドとして強力なLTEネットワークを実現、2014年3月には実人口カバー率を99%にする計画とのこと。


新『iPhone』ユーザーのツイートから集めた高評価の声を紹介したうえで、「ダントツの800MHzプラチナバンド」のスライドで他社への優位性をアピールします。すべて800MHz帯に対応するAndroidスマートフォンとして新製品の発表へ。


冬モデルの特徴として、全機種が下り最大150Mbpsの通信に対応し、フルHDディスプレー、2500mAh以上の大容量バッテリーを搭載、Wi-FiではIEEE802.11acに対応。一部機種はフルセグ放送の受信に対応します。

LGと共同開発した『isai』


最初に発表されたのは、LGエレクトロニクスとKDDIが共同で開発した『isai』。LGはグローバルモデルで『LG G2』を最新機種として発表していますが、『isai』はKDDI向けに独自に開発された製品。5.2インチ、フルHDの狭額縁ディスプレーを搭載し、OSはAndroid 4.2、2.3GHzのクアッドコアCPUを搭載します。


ホーム画面には「ニュース」「トレンド」「SNS」「動画」のトピックに対応した画面を横方向のフリック操作で切り替え、個別のタイムラインを縦方向のフリック操作で閲覧する独自のユーザーインタフェースを採用しているのが特徴です。11月下旬の発売を予定。


『isai』主な仕様
サイズ:約W72×H144×D9.1mm
重量:約145g(暫定値)
OS:Android 4.2
CPU:MSM8974 2.3GHzクアッドコア
ディスプレー:約5.2インチIPS液晶 1920×1080 フルHD
カメラ:約1320万画素 CMOS
インカメラ:240万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC 最大64GB
ROM:32GB
RAM:2GB
バッテリー容量:2500mAh
テザリング:対応(8台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.0
フルセグ:非対応
ワンセグ:対応
赤外線:対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:非対応
カラー:ブルー、アクア、ホワイト、ブラック

ソニーのフラッグシップ『Xperia Z1』


続いて発表されたのは、『IFA2013』でソニーのグローバルのフラッグシップモデルとして発表された『Xperia Z1』。1/2.3型のイメージセンサ『Exmor RS for mobile』、F値2.0の『Gレンズ』、画像処理エンジン『BIONZ for mobile』を搭載する2070万画素カメラが最大の特徴で、5インチのフルHDディスプレー、OSにAndroid 4.2、2.2GHzのクアッドコアCPUを搭載します。10月下旬の発売を予定。


『Xperia Z1』主な仕様
サイズ:約W74×H144×D8.5mm
重量:約171g(暫定値)
OS:Android 4.2
CPU:MSM8974 2.2GHzクアッドコア
ディスプレー:約5インチ トリルミナスディスプレイ for mobile 1920×1080 フルHD
カメラ:約2070万画素 CMOS
インカメラ:220万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC 最大64GB
ROM:32GB
RAM:2GB
バッテリー容量:3000mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.0
フルセグ:対応
ワンセグ:対応
赤外線:対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:ブラック、ホワイト、パープル

IGZOディスプレー&大容量バッテリーの『AQUOS PHONE SERIE』


続いてシャープ製『AQUOS PHONE SERIE』の新機種を発表。フルHDのIGZO液晶ディスプレーと3000mAhの大容量バッテリーを搭載し、手に取ると画面表示をオンにする“グリップマジック”機能を搭載。OSはAndroid 4.2で、2.2GHzのクアッドコアCPUを搭載します。11月下旬に発売を予定。


『AQUOS PHONE SERIE』主な仕様
サイズ:約W70×H140×D9.2mm(暫定値)
重量:約146g(暫定値)
OS:Android 4.2
CPU:MSM8974 2.2GHzクアッドコア
ディスプレー:約4.8インチ IGZO液晶 1920×1080 フルHD
カメラ:約1630万画素 CMOS
インカメラ:210万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC 最大64GB
ROM:16GB
RAM:2GB
バッテリー容量:3000mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.0
フルセグ:対応
ワンセグ:対応
赤外線:対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:ブラック、ホワイト、ブルー

超急速充電やLTE/Wi-Fi同時接続機能を盛り込んだ『ARROWS Z』


次に発表されたのは富士通製『ARROWS Z』の新機種。10分の充電で2~3割の容量まで回復する超急速充電に対応、電池の持ちを意識している製品です。ブラウザの使用時にWi-Fiと3G/LTEに同時に接続し、快適な通信速度や安定した通信を実現する技術を採用。OSはAndroid 4.2、2.2GHzのクアッドコアCPU、5インチフルHDディスプレーを搭載します。11月下旬の発売を予定。


『ARROWS Z』主な仕様
サイズ:約W71×H140×D10.1mm
重量:約149g
OS:Android 4.2
CPU:MSM8974 2.2GHzクアッドコア
ディスプレー:約5.0インチ RAM搭載TFT液晶 1920×1080 フルHD
カメラ:約1310万画素 CMOS
インカメラ:125万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC 最大64GB
ROM:32GB
RAM:2GB
バッテリー容量:2600mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.0
フルセグ:対応
ワンセグ:対応
赤外線:対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:非対応
カラー:ブラック、ホワイト、ピンク

5インチ最軽量で持ちやすさにこだわった『DIGNO M』



続いて京セラの『DIGNO M』を発表。135グラムと5インチクラスでは最軽量の製品。側面のエッジを3mmと薄くし、背面のカーブにより持ちやすいデザインを採用しているのが特徴です。OSはAndroid 4.2、2.2GHzクアッドコアCPU、5インチフルHDディスプレーを搭載。11月下旬に発売を予定しています。


『DIGNO M』主な仕様
サイズ:約W69×H138×D9.9mm(暫定値)
重量:約135g(暫定値)
OS:Android 4.2
CPU:MSM8974 2.2GHzクアッドコア
ディスプレー:約5.0インチ TFT液晶 1920×1080 フルHD
カメラ:約1300万画素 CMOS
インカメラ:120万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC 最大64GB
ROM:32GB
RAM:2GB
バッテリー容量:2600mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.0
フルセグ:非対応
ワンセグ:対応
赤外線:対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:ホワイト、ブルー、ピンク

5.7インチの“ファブレット”『GALAXY Note 3』


最後に、スマートフォンとタブレットの中間ジャンル“ファブレット(Phablet)”としてサムスン電子の『GALAXY Note 3』を発表しました。5.7インチの大画面に『Sペン』による手書き操作ができる『GALAXY Note』の最新版。OSはAndroid 4.3で、2.3GHzのクアッドコアCPUを搭載します。バッテリー容量は3200mAh。10月下旬の発売を予定しています。


『GALAXY Note 3』主な仕様
サイズ:約W79×H151×D8.3mm
重量:約171g
OS:Android 4.3
CPU:MSM8974 2.3GHzクアッドコア
ディスプレー:約5.7インチ 有機EL液晶 1920×1080 フルHD
カメラ:約1320万画素 CMOS
インカメラ:210万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC 最大64GB
ROM:32GB
RAM:3GB
バッテリー容量:3200mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.0
フルセグ:非対応
ワンセグ:対応
赤外線:非対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:非対応
防じん:非対応
カラー:クラシックホワイト、ジェットブラック

指紋認証でユーザーを切り替えられるタブレット『ARROWS Tab』


タブレットは1製品、富士通の『ARROWS Tab』が発表されました。10.1インチ、2560×1600のWQXGAディスプレーを搭載し、OSはAndroid 4.2、2.2GHzのクアッドコアCPUを搭載。フルセグの視聴に対応し、指紋認証によりユーザーに応じたスタイルを切り替えでき、家族で共有できるのが特徴です。


『ARROWS Tab』主な仕様
サイズ:約W261×H169×D8.9mm(暫定値)
重量:約519g(暫定値)
OS:Android 4.2
CPU:MSM8974 2.3GHzクアッドコア
ディスプレー:約10.1インチ 2560×1600 WQXGA
カメラ:約808万画素 CMOS
インカメラ:125万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC 最大64GB
ROM:64GB
RAM:2GB
バッテリー容量:9600mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.0
フルセグ:対応
ワンセグ:対応
赤外線:非対応
おサイフケータイ:非対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:ホワイト

このほか、サービスではサポートサービス『auスマートサポート』にイベント参加型のスマートフォン教室の開催、WiMAX2+対応ルーターの契約と合わせて最大2年間月額980円、スマートフォンの利用料金を値引きする『auスマートバリューmine』などが発表されました。

4機種に絞り込んだ夏モデルに対して、今回の冬モデルは6機種とラインアップを拡充したau。来年の春モデルはファブレット・タブレットを拡充するという予告も見られました。昨日、『CEATEC 2013』の情報としてお伝えした6.4インチの“ファブレット”『Xperia Z Ultra』の国内での発売は残念ながら発表されませんでしたが、こちらは春モデルとしてラインアップされるのでしょうか。

【CEATEC2013】いよいよ日本に来る?……らしい! ソニーが6.4インチスマートフォン『Xperia Z Ultra』を出展

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP