ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、4.8インチフルHDのIGZO液晶を搭載した「AQUOS PHONE SERIE SHL23」を発表、本体を握るだけでスリープから復帰できる機能も搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは10月2日、auスマートフォンの2013年冬モデルとして、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE SERIE SHL23」を発表しました。発売時期は2013年11月下旬です。AQUOS PHONE SERIEシリーズの4代目となる今回のSHL23では、画面サイズが4.8インチに縮小したものの、解像度がHDからフルHDに向上、プロセッサがSnapdragon 600からSnapdragon 800 MSM8974 2.2GHzクアッドコアプロセッサにアップグレード、さらに、テレビ番組をフルセグで視聴することも可能になりました。大きな特徴は、低消費電力が売りのIGZOパネルと3,000mAhの大容量バッテリー、節電アプリ「エコ技」の組み合わせによって長時間の使用が可能であるところ。田中社長曰く「2,3日は持つ」そうです。また、本体の両側に特殊なセンサーが備えられており、本体を握るだけでスリープから復帰できる「グリップマジック」機能などです。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)を搭載。画面をなぞったり、本体を振ることで画面のON/OFFができる「Sweep ON&Shake OFF」機能や、1つの画面で2つのアプリを同時に表示できるマルチ画面機能も利用できます。カラバリはブラック、ホワイト、ブルーの3色。 OS:Android 4.2(Jelly Bean) サイズ:70 × 140 × 9.2mm、質量は146g ディスプレイ:4.8インチ、解像度1,920×1,080ピクセル(Full HD)、TFT液晶(IGZOパネル)、1,677万色 プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.2GHz(クアッドコア) GPU:Adreno 330 メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 16GB 外部メモリ:microSD/microSDHC/Micro SDHX(最大64GB) リアカメラ:1,630万画素、裏面照射型CMOS、F1.9レンズ、光学手ブレ補正、1080pフルHD動画撮影対応 フロントカメラ:210万画素CMOS 対応周波数:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA 850MHz(Badn 5)/1900MHz(Band 2)/2100MHz(Band 1)、CDMA2000 800MHz(BC0)/2100MHz(BC6)、LTE 800MHz(Band 18)/1500MHz(Band 11)/2100MHz(Band 1) 通信速度:3G(下り最大9.3Mbps/上り最大5.5Mbps)、LTE(下り最大150Mbps/上り最大12Mbps) 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯対応、HT80モード対応)、Bluetooth v4.0、NFC(FeliCa+TypeA/B)、W-Fi Direct、Miracast、DLNA(DTCP-IP対応)、赤外線通信(IrDA) 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB(MHL対応) センサー類:加速度、ライト、近接、デジタルコンパス、ジャイロ、GPS/A-GPS対応 バッテリー:3,000mAh 待受時間:未定 通話時間:未定 カラー:ブラック、ホワイト、ブルー Eメール(~@ezweb.ne.jp):○ Cメール(SMS):○ auスマートパス:○ Felica:○ NFC:○(TypeA/B) ワンセグ:○ フルセグ:○ 赤外線通信:○ 防水:○(IPX5/X7) 防塵:○(IP5X) テザリング:○(Wi-Fiは最大10台) WIN HIGH SPEED:○ WiMAX:× 4G LTE:○ 緊急速報メール:○ グローバルパスポート:○(LTE/GSM/GPRS/UMTS)Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「au Wi-Fi SPOT」でIEEE802.11ac規格によるサービスを開始
高級携帯電話ブランド Vertuが€4,900(約65万円)のAndroidスマートフォン「Constellation」を発表
ジャパンディスプレイ、7インチWUXGAサイズと8.9インチWQXGAサイズのタブレット端末向けLTPS TFT液晶を量産開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP