ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マンガの単行本にも高速リリースサイクルを導入してはどうか

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

マンガの単行本にも高速リリースサイクルを導入してはどうか

俺が読んでいるマンガはそんなに数が多くないのだが、そういうマンガに限って、休載が多い。真面目に描かんかいっ!

ということで漫画界にも高速リリースサイクルを導入してはどうか。高速リリースサイクルというのはGoogleがChromeの開発で導入したスタイル。あとにfirefoxなども導入している。

それまでソフトウェアは、一定の改良成果が上がったらあらなたバージョンをリリースするスタイルだった。1年に1回とかそんなペースが多かったと思う。Googleはそれを根底から変えた。リリース間隔を最初に決めてしまう。Chromeの場合6週間ごとに、自動的に(強制的に)新バージョンがリリースされる。間隔が優先であって内容はその時点でできたもの。

つまり、

従来
改良内容を決める→必要な期間を決める。
だいたい1年に1回とか比較的長期の目標。

高速リリースサイクル
リリース間隔を決める→それに間に合う内容を決める。
6週間(1.5ヶ月)に1回とか、小さな修正を積み上げていく。

こんな感じ。これによって改良の頻度が飛躍的に上がった。

   *   *   *

マンガにもこれを導入するのだ。単行本の発行間隔を最初に決めてしまう。休載しようがとにかく時期が来たら単行本が出される。足りない分は白紙のページになる。休載が多い作品はもしかしたら全ページ白紙の単行本もあるかもしれない。ガラスの仮面などは、なん10巻も白紙の単行本が続くことだろう。

もちろん発行された単行本は作者のもとにも送り届けられる。全ページ白紙の単行本も送り届けられる。これがおまえの作品だ!と。編集者が1ページ1ページめくって作者に読ませるサービスをしてもいいだろう。

結論は、さっさと描け!ということ。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年10月02日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP