体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【CEATEC2013】ドコモとスクエニがスマホとタブレットで遊べるクラウド版『ドラクエ X』発表 メタルスライムスマホと一緒にブースでプレイアブル出展

【CEATEC2013】ドコモとスクエニがスマホとタブレットで遊べるクラウド版『ドラクエ X』発表 メタルスライムスマホと一緒にブースでプレイアブル出展

本日10月1日から開幕した家電・ITの国内最大の見本市『CEATEC JAPAN 2013』。プレス向けに開催されたメディアコンベンションでNTTドコモとスクウェア・エニックスが共同で記者発表会を開催。オンラインゲーム『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』(以下『ドラクエX)』の、スマートフォンやタブレットで動作するクラウド版の提供を発表しました。

『ドラクエX』クラウド版 クラウドゲームサービスを追加

ドコモがスマートフォン向けブラウザゲームを提供する『dゲーム』に、端末上の操作をサーバーへ送信し、サーバー上で動作するゲームの映像と音声を端末にストリーミング配信するクラウドゲームサービスを追加。この第1弾として『ドラクエ X』を2013年12月から2014年2月の間に配信を開始することを発表しました。

『dtab』から対応

まずドコモの10.1型Wi-Fiタブレット『dtab』から対応を開始し、順次対応機種を広げていく方針。発表会に登壇したNTTドコモのマーケットビジネス推進部長、前田義晃氏は『dtab』からの対応について「これだけのクオリティを誇るゲーム。そのインパクトを余すことなくお伝えできるような大画面のタブレット端末から提供させていただく」と、まずタブレット端末での提供を考えていることを説明。「そのときにどの機種からというと、弊社で戦略的に展開している、1万円を切るタブレット端末で提供する方がお客様の手に届きやすいと考えている」と、『dtab』を選定した理由を説明しました。

発表会では他キャリアでもドコモIDを取得すれば利用できる『dゲーム』で展開することから、他キャリアへの対応についても質問がありましたが、前田氏は「当初はドコモ端末でクオリティをチェックしていく」としつつも、「将来的にはサービス事業者としてさまざまな方に広く使っていただきたい」と、他キャリアへも対応を広げていく可能性を示唆していました。

齊藤陽介氏 『dtab』での実演

発表会にはスクウェア・エニックスの『ドラクエX』プロデューサー齊藤陽介氏とゲームデザイナーの堀井雄二氏が登壇。齊藤氏は『dtab』実機で『ドラクエX』のデモを披露しました。「Wii版やWindows版と変わらない反応速度。実際に触ると快適さが伝わると思います」とその出来を評価。

スマホでの動作も実演

堀井氏はポケットから取り出したスマートフォンで『ドラクエX』が動作する様子を披露しました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。