ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI研究所、Wi-Fiと3G/LTEを同時に使って快適なブラウジングを実現するアプリ「predioブラウザ」を開発、auスマートフォン向けにトライアル版を配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI研究所は9月26日、Wi-Fiと3G/LTEを同時に利用して快適なブラウジング環境を実現するブラウザアプリ「predio(プレディオ)」を開発し、そのトライアル版を期間限定でauスマートフォン向けに配信しました。アプリはGoogle Playストアより入手できます。Android端末における無線通信は、Wi-Fi環境下であればWi-Fiのみが使用され、3G/LTEによる通信は(ほぼ)発生しません、KDDI研究所が開発した無線によるリンクアグリゲーション技術により、predioブラウザではWi-Fi環境下でもWi-Fiと3G/LTEを束ねて使用することで、通信の高速化と冗長化を図っています。アプリの対応機種は、Xperia UL SOL22、URBANO L01、Xpeira VL SOL21、Galaxy S Ⅲ Progre SCL21、AQUOS PHONE SERIE SHL21、ARROWS ef FJL21、DIGNO S KYL21、Optimus G LGL21、G’zOne TYPE-L CAL21となっています。トライアル期間は2014年3月31日(予定)までです。注意点としては、本アプリを使用するとWi-Fi接続中でもパケット通信が発生しますので、定額サービスに加入していることを確認しておいた方がよいでしょう。「predioブラウザ」(Google Playストア)Source : KDDI研究所



(juggly.cn)記事関連リンク
Evernoteが製品販売に事業を拡大、Androidアプリ内で「Evernote Edition」のScanSnapなどを販売
ソフトバンク、2013年冬~2014冬の新モデルを9月30日に発表
アスク、MSI製Androidタブレット「Primo 73」と「Primo 81」の国内発売を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP