ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

薬の検索や管理がアプリで手軽にできる『お薬ナビ』レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「カゼひいたかな?」と思って薬局へ行ったものの、いろんなカゼ薬があってどれにしたらよいか分からない……と思ったことはありませんか? 飲みなれた薬があるならともかく、経験したことのない症状の場合にはさらに迷うし、不安になりますよね。そんなときの薬選びに役立つ無料Androidアプリ『お薬ナビ』がファーマウェアからリリースされました。最近ちょっとカゼ気味な筆者がレビューしてみます。

『お薬ナビ』は、市販の一般用医薬品を体の部位や症状から検索できるアプリ。Android 2.3以上向けに『Google Play』で公開されており、iOS版も提供予定。今秋にはパソコンから利用できるウェブ版の提供も予定しています。


利用開始時には、『Facebook』『Twitter』『Google+』やYahoo! IDでログインするか、メールアドレスを登録してログインします。


ちょっとせきが出るので、「部位から検索する」で「のど・呼吸器」を選択。


体の部位を選ぶと症状のリストが表示されるので、「咳」の「内服薬」を選択。



市販のかぜ薬のリストが表示され、それぞれの効果や用法を確認することができます。実際に薬局などで購入したら、「マイお薬手帳」に登録したり服用中の薬として登録しておきましょう。


薬を飲む時間を知らせてくれるタイマー機能もあります。アラートの時刻を設定すれば飲む時間を通知してくれるので安心ですね。



自宅にある薬で「これ何だっけ?」と思ったら、製品名で検索したりスマートフォンのカメラでバーコード検索することも可能。「マイお薬手帳」に登録して管理できるようになります。過去に医者で処方された薬も最近になって市販されている場合もあるので、調べて管理しておくと便利。


「この症状でこの薬飲んで大丈夫かな?」と相談したくなったら、『LINE』を使って相談できる機能も。常駐の薬剤師さんが相談に乗ってくれるそうです。

今後は薬の販売店の情報を調べられる機能や薬の飲み合わせをチェックする機能、医療費控除の申請に便利な医療費の管理機能などを実装する予定。薬のデータベースも、一般用医薬品を約1万点、医者が処方する全医療用医薬品も2万5000点と充実させていくとのこと。薬を飲む機会があったら一度使ってみては?

お薬ナビ
http://okusurinavi.jp/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP