ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Opera、Android版「Opera 16」正式版をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Opera Softwareは9月18日、Android向けOperaブラウザの新バージョンとなる「Opera 16」の正式版をリリースしました。v16では、WEBページのレンダリングエンジンがChrome 29ベースに刷新され、位置情報を取り扱うGeolocation APIに対応しました。また、“Instant Back”と呼ばれる新機能も追加されています。“Instant Back”は端末の戻るボタンを押すとキャッシュから前のページを読み込むというもので、前のページに戻る動作を瞬時に行えます。WEBページによっては通信の発生を減らす効果もあるのでは。Operaの公式ブログでは上記以外の変更は紹介されていませんでした。次の動画は単なるAndroid版Operaブラウザのプロモ動画です。「Operaブラウザ」(Google Playストア)Source : Opera Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileが未発表端末の流出を防止するための啓蒙ポスターを社内に掲示
AdSenseの公式Androidアプリがv1.2にアップデート、日本語への対応や3種類のウィジェットの追加など
米Mototola、ブートローダーアンロック対応・特別デザインを採用した「Moto X Developer Edition」の販売を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP