ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“秀吉”つながりでコラボが実現 「映画 清須会議に選ばれたのは綾鷹でした」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


戦国時代に茶師として立身出世し、信長・秀吉・家康といった歴史上の人物とも交流のあった宇治の老舗茶舗“上林春松本店(かんばやし しゅんしょうほんてん)”。急須でいれた緑茶の味わいを目指して作られたコカ・コーラ社の『綾鷹』開発に深く携わる上林春松本店ですが、その450年の歴史から“秀吉”つながりで映画『清須会議』と『綾鷹』のコラボレーションが実現しました。「映画 清須会議に選ばれたのは綾鷹でした」というわけです。

上林春松本店は室町時代から有力茶師“御茶師”として栄え、戦国時代には豊臣家や徳川家からも重用されました。豊臣秀吉から初代上林春松に送られた書状が現在も残されていて、お茶の扱い方がぞんざいであったことを叱咤する一方、「茶葉は優れて良いものなのだから」と激励するという内容。秀吉から信頼されていたことがうかがえます。

映画『清須会議』は、本能寺の変で倒された織田信長の後継者を決定し、その後の歴史に影響を与えた“清洲会議”の史実に基づいた三谷幸喜氏の小説を、自身が監督を務め映画化。11月9日に全国で公開されます。歴史エンターテインメントとして戦国武将たちを人間臭く描くこの作品で、豊臣秀吉(当時の羽柴秀吉)はキーパーソンとして重要な役割を担います。

秀吉から重用された歴史を持つ上林春松本店が開発を手がけた『綾鷹』と、秀吉がメインキャラクターとして活躍する『清洲会議』のコラボレーションとして、上林春松本店の450年の歴史と『綾鷹』誕生までの歴史を楽しめる『綾鷹人生ゲーム』第2章が9月18日に公開されました。ゲーム中には映画『清須会議』に関連したイベントも登場します。

パソコンやスマートフォンから遊べる『綾鷹人生ゲーム』はガジェット通信でもレビューしているので、詳しい内容はそちらをご覧ください。

関連記事:
波乱に満ちた人生のルーレットを回せ! 信長・秀吉・家康に茶を献上した宇治の老舗茶舗“上林春松本店”の歴史とコカ・コーラ社『綾鷹』発売までの道のりをたどる人生ゲーム
http://getnews.jp/archives/385395

第2章をクリアしたランキング上位500名には、『清須会議』のペア鑑賞券がプレゼントされるとのこと。秀吉とゆかりの深い上林春松本店の歴史をゲームで学んで、11月には劇場で『清須会議』を楽しんでみては。『綾鷹』の公式サイトでは今後、三谷監督と上林春松本店代表の上林秀敏氏との対談も掲載予定。三谷ファンや『清須会議』を見に行く人はこちらも要チェックです。

綾鷹人生ゲーム
http://c.cocacola.co.jp/si_ayataka/lifegame/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP