ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Garmin、ランナー向けGPSウォッチ「Forerunner 620」「Forerunner 220」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Garminは9月17日、ランナー向けGPSウォッチ“Forerunner”シリーズ(日本版はForeAthlete)の新モデル「Forerunner 620」と「Forerunner 220」を発表しました。「Forerunner 620」は「Forerunner 610」の後継モデルで、「Forerunner 220」は「Foreunner 210」の後継モデルです。新モデルでは、ウォッチ全体のデザインが一新し、ディスプレイがモノクロ液晶からカラー液晶に変更、加速度センサーも追加され、トレッドミルやランニング時の距離やペースの計測でフットポッドを装着する必要がなくなりました。ディスプレイサイズは1インチのままですが、解像度は180×180ピクセルに向上しています。「Forerunner 620」はタッチパネルに対応しており、画面上をタップ、スワイプすることで各種メニューや時刻、距離、ペース、心拍数といったトレー人情報の表示を切替えることができます。上下にスクロールすると設定値を変更できたりします。タッチ操作に合わせて画面構成も変わっています。「Forerunner 620」だけの機能としては、トレーニング後から次回のワークアウト開始までに必要と見積もった回復時間を表示する「リカバリーアドバイザー」、「レース予測機能」、全身持久力を示す指標の一つとなる最大酸素摂取量(VO2 Max)の推定値を表示する機能のほか、新しい心拍センサーベルト「HRM-Run」を利用すると、心拍数のほかに、ランニングフォームに関するフィードバックを提供してくれます。本体サイズと質量は、「Forerunner 620」が4.5 x 4.5 x 1.25cm、45.3gで、「Forerunner 220」が4.5 x 4.5 x 1.2cm、40.7g。どちらも前作よりもスリムで軽くなっています。もちろん、50m防水にも対応しています。バッテリーの持ちはウォッチモードで最大6週間、トレーニングモードで最大10時間。カラバリは、「Forerunner 620」がブルーxブラックとホワイトxオレンジ、「Forerunner 220」がブラックxレッドとホワイトxバイオレット。価格は、「Forerunner 620」が$399(HRMバンドルで$449)、「Forerunner 220」が$249(HRMバンドルで$299)。HRM-Run単体は$89です。現時点での発売時期は5~8週間中です。Source : Garmin



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、埋め込みYouTube動画のChromecastへの転送をテスト中
Acer、国内版「ICONIA A1-810」にNTFS対応化アップデートを配信開始
NTTドコモ、「Optimus G L-01E」にソフトウェアアップデート(20d)を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP