ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無数の“キュゥべえ”に衝撃……『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』ついに予告編解禁!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「私たちは戦い続ける。」

先日新たな魔法少女・百江なぎさの登場が発表され話題となった『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』。「魔法少女まどか☆マギカ」劇場版初の完全新作となる本作ですが、ついに予告編が解禁となりました。

TVシリーズ、劇場版前2作の続編として、魔法少女たちのその後が描かれる[新編]。予告編では新たな魔法少女・百江なぎさ、そして暁美ほむらだけでなく、前作で命を散らせたはずの巴マミ、美樹さやか、佐倉杏子や、魔法少女たちの残酷な連鎖を断ち切るため「円環の理」となって概念と化したはずの鹿目まどかも登場。

さらには“ほむら”と“マミ”のバトルシーンや、魔法少女たちの前に立ちはだかる新たな敵、「ナイトメア」の存在など、前作に続くタッグとなるClariSの主題歌「カラフル」にあわせて様々なシーンがつなぎ合わせられており、「魔法少女まどか☆マギカ」の真のクライマックスに向けて、本作への期待が否応無しに高まる映像となっています。

次々と切り替わる様々なシーンはどれも気になる映像なのですが、一番の衝撃は数え切れないほどたくさんの「キュゥべえ」が浮かぶ映像……。一体どういうことなのか、想像もつきません。まどかの「ひとりぼっちになったらダメだよ。」の言葉。新たな結末に今度こそ“ほむら”は救われるのでしょうか。


少女は、自らの願いと引き換えに魔法少女になる。魔法少女たちは、絶望をまき散らす災厄の遣い・魔女と戦い、やがては自らも絶望に沈み、最後には魔女そのものへと変貌してしまう―。永きにわたり繰り返された、希望と絶望を巡る残酷な連鎖は、鹿目まどかの貴い犠牲によって断ち切られ、世界は新しい理へと導かれた。しかし、魔法少女は戦い続けなければならない。それが、奇跡を願った対価だからだ。
まどかへの想いを果たせぬまま、取り残された魔法少女・暁美ほむらは再編された世界でたったひとりで戦い続ける。その少女の想いは、新たなる物語を紐解くのだった。
「……覚えているのは、私だけなの?」

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』
2013年10月26日全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画  

公式サイト http://www.madoka-magica.com/puella.html

(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP