ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 7(2013)用のfrancoカーネルがついにリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nexusデバイスを中心にカスタムカーネルを提供しているFrancisco Franco氏から、ついにNexus 7(2013)用のfrancoカーネル(Nihtly #1)がリリースされました。francoカーネルはCPU・GPUのオーバークロックには対応しないものの、デフォルトではサポートされていないカーネル設定が可能なほか、性能に関する様々なチューニングにより動作は高速、安定性も高いところが特徴のカスタムカーネルです。リリース版の機能はこちらで確認できます。FsyncのON/OFF、タッチパネル操作時にアクティブにするCPUコア数を増加して応答を良くすること、スリープ中の最大CPUクロックを変更することなどが可能です。Google Playストアで配信中のアプリ「Franco Kernel Updater」を利用すれば、カーネルのアップデート、CPU・GPUの動作クロックやカーネル設定の変更を容易に行なうことができます。francoカーネルの導入方法は、XDA Developersより.imgファイル(boot-rX.img)をNexus 7(2013)にFastbootコマンド(fastboot flash boot boot-rX.img)を利用して書き込むだけです(記事執筆時点の最新版はboot-r1.imgです)。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
LGがスマートフォンやタブレットでも利用可能な無料5GBストレージ付きクラウドサービス「LG Cloud」の国内サービスを開始
Xperia Z Ultraに新ビルド「14.1.B.1.532」へのアップデートが配信開始
Google、スマートフォンアプリ「Bump」提供元を買収

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP