ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Verizon版LG G2は、rootステータスがシステム情報に表示される仕組みを採用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のVerizonで販売されているLGの新フラッグシップ「LG G2」には、システム情報にrootステータスが表示される仕組みとなっているそうです。Android端末をroot化すると、通常ではできないことができてしまうことから、メーカー・キャリアの多くは基本的にroot化済み端末に対して保証サービスを提供していません。一部の端末にはrootステータスを裏メニューやブートローダーの画面などの隠れた部分に表示する仕組みを採用しているのですが、Verizon版ではユーザーがよく目にする部分に表示されるようになっています。このようにした理由は不具合や破損等の問題でショップに持ち込まれてもスタッフが容易にrootステータスをチェックできるようにするためだと思いますが、あえてユーザーがよく目にするところに表示するようにしたことから、root化すると保証が無効になることをユーザーに対して明確にした意味もあると思います。root化する人の多くはそのリスクを承知していると思うので、分かりやすいところに表示されたrootステータスを見ただけでショップへの持ち込みを諦めるのを期待しての措置ではないでしょうか。Source : Android Police



(juggly.cn)記事関連リンク
Jolla、LinuxベースのモバイルOS「Sailfish OS」でAndroidアプリの動作サポートを公式発表
日本語に対応したAndroid版BlackBerry Messengerのapkファイルが流出するも、ベータテスター以外のIDでは動作せず
Xperia Z1のカメラ機能「Social Live」を実現するアプリがGoogle Playストアで公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP