体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Wi-Fiスポットを持ち歩ける!バッテリー内蔵の無線ルーターを試すよ


みなさんは外でインターネットに接続するとき、どうしていますか?スマートフォンも増えましたが、『イーモバイル』やケータイキャリアなどのデータ通信サービスを使っている方はまだまだ多いかと思います。

今回紹介するプラネックスコミュニケーションズの『11n/g/b対応 バッテリー内蔵 無線LAN モバイルルータ CQW-MRB』(以下CQW-MRB)があると、そんな外でのインターネットがひときわ便利になること間違いなし。今回はその性能と、実際に使ってみた感触を紹介してみたいと思います。

– これ1台で複数のモバイル無線LAN環境


『CQW-MRB』単体ですと、家庭にもよくある普通の無線LANのルーターとして動作します。特徴を挙げるとすれば、ずばりその“大きさ”と“内蔵バッテリー”、“モバイル通信端末接続用のUSBポート”が付いている点。

対応している”USB接続のモバイル通信端末”(※1)を接続すると、たちまち”複数接続が出来る”インターネット環境が出来上がってしまうのです(モバイル通信端末は付属していないので、別途用意する必要があります)。

たとえば、『CQW-MRB』に対応モバイル端末を接続してリュックに放り込んでおけば、『PSP』でもノートパソコンでも、『iPodTouch』でも、移動しながらのインターネット接続が可能になっちゃいます。車内に複数の『ニンテンドーDS』を持ち込んでも、先の組み合わせで全ての『ニンテンドーDS』がWi-Fi通信可能になります。

ビジネスマンであれば、プレゼン先や展示会、旅先などでLANケーブルが1本しかなくとも(あるいは電源がなくても)、『CQW-MRB』で回線を共有できますので、1台カバンに入れておくだけで安心感が全然違うかもしれません。

もちろん、家庭で“通常の無線LANルーター”として常用もできます。普段は家で使い、外出時に丸ごと持ち出すという使い方もできそうですね。
——————————————————————————————-
(※1)対応しているUSB接続のモバイル通信端末(2009/12/18現在)
EMOBILE: D01HW / D02HW / D12HW / D21HW / D22HW / D23HW / D31HW / D11LC / D12LC / D21LC
NTT docomo: A2502 / L-02A / L-05A / L-06A
SoftBank: C01SW / C01LC
WILLCOM: “DD”(WS002IN) / HX003ZT / AX530S
日本通信: b-mobile3G hours150
——————————————————————————————-

– 実際に使ってみたよ


ボディは上品な光沢と適度な重量感も手伝って、高級感ある1台、といったおもむき。USBはモバイル通信端末用のものと、電源用のミニUSBの2口。電源供給されているUSBがあれば万が一ACアダプタを忘れたとしても、USB経由での充電も可能なのです。


今回はイーモバイルの『D31HW』(下り最大21Mbps/上り最大5.8Mbps)で試してみました。そのまま接続するとUSB接続端子の部分に負担がかかりそうなので、今回は短いUSB延長ケーブルをかませてみました。充電はお忘れなく。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。