ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intelが新しいSoCファミリー「Quark」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週米国で開催されたIntelの開発者向けフォーラムIDF 2013で、Intelから「Quark」と呼ばれる新しいSoCファミリーが発表されました。発表されたQuarkは性能よりも小型で低い消費電力で動作することを重視して設計されたSoCファミリー。アーキテクチャーについては、フルシンセサイザブルなPentiumコアを採用しているとされています。ネーミングがわかりやすいですね、発表されたQuarkは素粒子の構成要素となる粒子(Quark)のこと。既存のAtom(原子)よりもはるかに小さく、Quarkファミリーのサイズは22nmのAtom Socの5分の1程度、消費電力は10分の1程度と説明されています。Quarkの主なターゲットは“Internet-of-Things”、つまり、PCやサーバなどはもちろんのこと、インターネットに接続できるモノなら何でもとなっています。その例としてIntelは参入メーカーがここ最近急速に増えているウェアラブルデバイスへの導入を想定していると述べています。オープンアーキテクチャーとしたことから、Intelブランド以外でも互換製品を作成することが可能とみられ、この分野でも大きなシェアを占めるARMに対抗してQuarkをデファクトスタンダードにしようという意気込みが伺えます。Source : IntelAnadTech



(juggly.cn)記事関連リンク
LG G2のNTTドコモバージョン「L-01F」の実物写真が流出、2,900mAhバッテリーを搭載、11月に発売される予定らしい
これがHTC未発表のSense 5.5?
Pantechが早くも「Vega Iron」のAndroid 4.4“KitKat”アップデート予定を明言

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP