ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z1が早くも分解される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの新フラッグシップ「Xperia Z1」の分解レポートが中国のWEBサイト 网易数码(IT168)で公開されていました。今回分解されたのはおそらく中国で発売される3G HSPA+版「L39h/C6902」でしょう。同サイトの記事では、Xperia Z1の分解方法や使用されている主要パーツの説明などが行われています。Xperia Z1はXperia Zと同様にバックカバー一体型のデザインを採用しており、バックカバーを外すには専用の工具が必要になってくると思いますが、バックカバーを外すとバッテリーと基板が現れ、それらを固定している本体フレーム上の9本のネジを外せばユニットごと外れるという、けっこうシンプルな仕組みとなっているようです。バックカバー一体型ということで、バッテリーはXperia Z1専用のものが使用されています。容量は3,000mAh。その他、RAMにSKハイニックス製の「H9CCNNNBPTARLANTH」(2GB)、NANDフラッシュにSamsung製の「KLMAG2GEAC」(16GB)、Skyworks Sky77629のパワーアンプ(クアッドバンドGSM/EDGE、ヘクサバンドWCDMA/HSDPA/HSUPA/HSPA+/LTE(I/II/III/IV/V/VIII)、QualcommのパワーマネージメントIC「PM8941」が使用されていることが判明しました。Source : IT168



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note 3デュアルSIM版(SM-N9002)はSnapdragon 800を搭載
Intelが新しいSoCファミリー「Quark」を発表
CES 2014で「Xperia Z2」が発表されるという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP