ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、スマートフォン向けレンズスタイルカメラ『DSC-QX10』『DSC-QX100』を10月25日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Sonyが『IFA 2013』で発表したスマートフォン向けレンズスタイルカメラ『DSC-QX10』と『DSC-QX100』を国内で10月25日(金)に発売すると発表しました。海外よりも1か月ほど遅れての発売となります。価格は、『DSC-QX10』が2万4800円、『DSC-QX100』が5万4980円です。

発表された『QX』シリーズは“サイバーショット”ブランドのデジタルカメラで、レンズ型ボディの内部にCMOSイメージセンサー、BIONZ画像処理エンジン、ズームレンズ、ズームレバー、Wi-Fi、NFC、バッテリー、microSDカードスロット、シャッターボタンなどデジタルカメラの部品が組み込まれています。

通常のデジタルカメラと違うのは使用方法で、『QX』シリーズはスマートフォンと組み合わせて使用するのが基本となっており、スマートフォンの画面を利用してプレビュー・撮影を行い、スマートフォンにマウントして撮影することはもちろん、レンズカメラを手に持ってレンズを自分に向けて撮影したり、三脚に固定して撮影することもできます。

エントリーモデルの『DSC-QX10』は、光学10倍ズームのF3.3 Gレンズと1820万画素の1/2.3型Exmor Rイメージセンサーを搭載。プレミアムモデルの『DSC-QX100』は、光学3.6倍ズームのF1.8(円形絞り)Carl Zeissレンズと2020万画素の1型Exmor Rイメージセンサーを搭載。

対応機種はAndroid(2.3-4.2)、iOS(4.3-6.1.4)を搭載した端末。Google Playストア/Apple AppStoreで配信中の『PlayMemories Mobile(v3.1以上)』をインストールすることで『QX』カメラをリモート操作(ズームやシャッター等の操作、絞りや露出、ホワイトバランスの調節など)、『QX』カメラの写真や動画をスマートフォン側に転送できます。2製品には幅54mm~75mm、厚さ13mm以下のスマートフォンに取り付けられるアタッチメントが付属しますが、『Xperia Z』向けにはスマートフォンケース型のマウンターが別売(3255円)されます。このほか、『QX』カメラの持ち運び用ソフトキャリングケースも販売されます(3780円)。
Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
「Xperia Tablet Z SO-03E」のフルセグ対応化アップデート(10.1.E.0.305)が開始
「LG-D821」がFCCの認証を取得、噂のNexus 5?
カメラアプリ「Camera JB+」がv3.0にアップデート、Android 4.3のカメラUIに刷新

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP