ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ・マンガの小ネタがいくつも…ファッション誌『SPUR』の「モードかるた」がいろいろおかしい

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

海外の最新ファッション事情やモードに強い集英社の月刊ファッション誌『SPUR』(シュプール)が「モードかるた」なるものをWebで公開。その内容がインパクト大なのでここでご紹介します。

もともとこの企画は2013年7月号に登場したもので、「このカルタを読めば秋冬トレンドが丸分かり」と豪語。ピックアップしているアイテムは有名ブランドのものばかりで、主要コレクションのウォークから切り取ったカットを散りばめているあたりはさすがなのですが、頭の文字を円で囲むかるたデザインにしてしまって、モード感がダウンしてしまっているというのが正直なところ。

それ以上にぶっとんでいるのは、句の内容。最初の「犬も歩けば、熊も歩く。」のようなことわざのもじりはまだかわいい方。「は」の「バイカラーさんが通る」で早くも大和和紀さんの名作マンガ『はいからさんが通る』の言い換えテクを炸裂。
次の段でも、「ニュータイプ、現る」という『ガンダム』ネタから、「ほんとに、ほんとに、ほんとに、ほんとに、アイコンバーッグ!」というCMネタ、「編集長、ヘマ豊作です!」というオヤジギャグっぽいセンスを連打し、理由のないテンションの高さで責め続けます。
さらに「ワン・・・・・・恐ろしい子」や、「先生・・・チェックが着たいです!!」といった名セリフを拝借したものや、「魁!!男服」というもはや勢いしかない言い換えも。
極めつけは、ももいろクローバーZをもじった「ももいろ着ようかーZ」。どうせならももクロ5人のカラーを集めるとか、何とかならなかったのでしょうか。
そして、締めくくりに「スウェット着ぬは女の恥」となっているのは思わず「あのさぁ…」と突っ込みたくなります。最近のナイーブな男子にうっかりこんなこと口走ったらドン引きされるのでは…?

とはいえ、札をクリックするとトレンドの解説が短くまとめられており、ロマンティックモチーフや青のビビッドカラーなど、今季のトピックのお勉強になるのも確か。編集部が本気で遊んでいる姿勢は好感が持てます。

なお、この「モードかるた」には最旬トレンドキーワードが5つ隠されており、全て集めて『SPUR.JP』から応募するとANCEのBird Printスウェットが1名に当たるとのこと。締め切りは2013年10月23日10時とまだ先なので、洒落のわかるファッショニスタは挑戦してみてはいかがでしょうか。

読めばトレンド丸わかり!SPURが作ったモードなカルタ 『SPUR.JP(シュプールジェーピー)』
http://hpplus.jp/spur/fashion/special/fashionfeature20130903/

カテゴリー : エンタメ タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP