ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

学歴もコネも無い男がなぜ年収49億を稼げたのか? 映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でレオ様ドヤ顔

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が5本目のタッグを組んだ映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』が、12月20日より全国ロードショー。ウォール街で活躍した最も豪快でセンセーショナルな男、ジョーダン・ベルフォートの実話をベースにした物語で、レオ様のこれでもか! というほどの“ドヤ顔”画像が解禁されています。

ジョーダン・ベルフォートは、26歳で証券会社を設立、年収4900万ドル(49億円)を稼ぎ出し、誰も思いつかない大胆なアイディアと、一瞬にして人を虜にする話術で瞬く間に成功。常識を超えたありえない金遣いで世間を驚かせ、ダイナミックな成功と同じくらいセンセーショナルな破滅の道をたどった実在の人物。

破格の伝説の数々を打ち立てた男は、学歴もコネもないのにどうやってのし上がり、“ウォール街のウルフ”と呼ばれるようになったのか? 誰が聞いても耳を疑う、あり得ない金遣いとは?そして、すべてを手に入れた男が、一夜にして頂点から転がり落ちたその理由とは? 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は破天荒な人生を楽しく描く、驚愕のエンターテイメントです。

本作は、ベルフォート自身の回顧録「ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」(早川書房刊「ウォール街狂乱日記-「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生」)をもとに映画化。

現在公開されている特報映像では、スーツを着た主人公(ディカプリオ)が、自分の証券会社の社員達の前に立つ自信に満ち溢れた姿や、クルーザーの上からドル札をばら撒いたり、100ドル札を丸めてゴミ箱に投げる常識を超えた金遣い、カメラ(こちら側)に向かって「合法だって?ノーだ」と話しかけるような驚愕のシーンが満載。予告編の公開や来日予定は!? など続報が待たれます。

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』   

監督:マーティン・スコセッシ   
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、マーゴット・ロビー、ジャン・デュジャルダン、ロブ・ライナー
全米公開:11月15日

http://www.wolfofwallstreet.jp/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP