ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スパイダーマンの能力は30年以内に実現可能

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

映画『スパイダーマン』に登場する、スパイダーマンやその敵たちの能力。ニューサイエンティストマガジンによると、そのいくつかは30年以内に実現が可能とのこと。たとえば自分自身の体に装置を装着するかたちで、X線で自由自在に透視をすることや、自分を透明にしてしまうこと、スパイダーマンのように壁をよじ登ったりすることが可能だというのだ。

ほかにも、『007』シリーズのジェットパック(背中にエンジンを背負って空を飛ぶマシン)も30年以内に実現可能で、携帯型の治療セット(自動的に体内の傷を発見して治療するマシン)も可能だという。30年以内に実現が可能とされている技術をいくつかまとめてみた。ここでいう実現とは、一般人が使用できるようになるという意味も入っている。

・人間が発するエネルギーを電池として使用
人間の熱や運動エネルギーを充電し、たとえばiPodやケータイの電力として使用することも可能になる。それにより、電池を購入したり、電源から充電する必要はなくなり、省エネに大きく繋がる。

・リアルタイム自動翻訳機
相手がどこの国の言葉で話していても、リアルタイムに自動翻訳をしてくれる携帯型の装置。これにより、言葉の垣根がなくなり、さまざまな国の人たちとの交流が可能になる。それだけビジネスチャンスも広がって、経済効果をあげることにもなる。

・ダイバー用半永久的酸素供給機
酸素ボンベを背負わなくても、半永久的に酸素を取り入れることができる装置だ。海水から酸素だけを取り込み、いつまでも潜水していることが可能である。

・におい噴射式テレビ
番組の内容に合わせてにおいが噴射されるテレビ。これについては映画館などですでに行われている技術で、視覚以外の嗅覚にうったえかけるPRなどが可能になる。

……と、さまざまな技術が実現可能とのことで、非常にワクワクしてしまう。とはいえ、できればもっとアニメーションのような未来も希望したいところ。空を飛ぶ車が空中で交通渋滞を起こしていたり、チューブを中を走るリニアモーターカーなどがビルとビルの間を走っていたりと、そういう未来はいつ来るのだろうか?
 

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP