ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【科学の教室】温暖化で何が起こるか?(中部大学教授 武田邦彦)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は武田邦彦さんのブログ『武田邦彦(中部大学)』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/414384をごらんください。

【科学の教室】温暖化で何が起こるか?(中部大学教授 武田邦彦)

今年の夏が暑かったり、竜巻が多かったりしたので、またゾロ、「温暖化の異常気象」と言い出す人や、御用学者が出てきた。そこで急いで3つの記事を出したが、それらをまとめて「温暖化で何が起こったか」を整理してみた。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/09/kisyou.jpg

1960年頃から2010年頃までの50年間、世界も日本もおおよそ気温が1℃上がっている(という事になっている)。一方、この表の一番したに書いてあるように、御用学者の計算によると気温が1℃あがると、自然災害や病気で2万人の人が余計に死ぬと言う。

では、現実はどうか?

大雨はあまり変わらずに少しバラツキ(雨の少ない年と多い年がある)が出てきている。台風はかなり数が減っている。温暖化で水温が上がると台風が増えると言う人もいるけれどそんなに単純なものではない。

台風が発生する海域は赤道から少し北の方だが、この海域はペルー沖のラニーニャなどの影響を受けやすく、そこの温度の高い海水は西北西に進みやすい。単純ではないのだ。

また、竜巻は日本にはあまり統計がないので不明だから、アメリカのデータを参考にすると、これはハッキリと減っている。アメリカは大陸だから、日本より温暖化の影響を受けて気温の変動は大きいが、それでも竜巻は減っている。

ところがマスコミがこのようなデータを(隠して)、というか(知っていても放送する時間がない)、というか(竜巻だけ放送しておけば視聴率が上がる)というのか、なぜか判らないが「最近では竜巻は減っています」とは言わない。

ただ、被害が大きいことだけを映像で訴えるから多くの日本人がアメリカの竜巻が増えていると錯覚している。

また温暖化という点では1℃も上がっていて、災害の犠牲者は増えていくはずなのに、この50年間で犠牲者は実に10分の1、水害の目安となる床上浸水は実に30分の1になっている。

これは防災技術や施設などが改善されていることもあるが、少なくとも改善を上回るような被害が出ないことは確かである。かりに温暖化によって、台風や竜巻が増えたとしても(事実としては減っているが)、到底、大げさな話にはならないことは判っている。

先日、ある報道で御用学者の数字がでるところだった。御用学者の数字は政府などが後押しをしているので、その数字は目立つけれど間違っているということだ。

ともかく、自分の意見を後退させて、まずはデータをみることが必要な社会だろう。

執筆: この記事は武田邦彦さんのブログ『武田邦彦(中部大学)』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年09月09日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP