ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 5と思われるLG製「LG-D820」がFCCの認証を取得、画面サイズは約4.96インチ、Snapdragon MSM8974プロセッサを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleの次期Nexusスマートフォンと思われるLG製端末「LG-D820」がFCCの認証を取得しました。FCC IDは「ZNFD820」。次期NexusスマートフォンはLGが製造し、「LG G2」をベースにしていると噂されています。「LG-D80X」の型番を採用した端末はLGの新フラッグシップ「LG G2」で、認証資料に記載されていたシステムやファームウェアの情報“aosp_hammerhead”、”KyeLimePie”、“M8974”といった文字から、Snapdragon 800 MSM8974プロセッサを搭載し、次期Androidバージョン(資料ではKitKatではなくKey Lime Pie)を搭載したコードネーム“Hammerhead”であることがわかります。次期Androidバージョン(Key Lime Pie)を搭載しているところを見ると、Nexusスマートフォンの可能性が高そうです。“Hammerhead”はFCCの認証を取得する前から新型Nexusスマートフォンのコードネームと噂されていました。また、ディスプレイの対角サイズは126.0mm・・・約4.97インチなので、Nexus 5の名前は適していますね。また、本体の縦サイズは131.9mm、横サイズは68.2mmと記載されていました。5インチ端末で横幅が70mmを切っているのは狭額縁を採用したからでしょう。、「LG-D820」はQi準拠のワイヤレス充電に対応しており、バックカバーの内側を撮影した写真をみると、ワイヤレス充電用のコイルが内側に据え付けられています。数日前にGoogleがAndroid 4.4“Kitkat”を発表した際に公開した模型の設置動画に見慣れぬNexusスマートフォンが映り込んでいました。その背面の様子(特にカメラとフラッシュの位置と形状)が上図と一致しており、Google写真が手にしていた端末は今回の「LG-D820」の可能性があります。認証はGSM 850/1900MHz、WCDMA 850/1700/1900、CDMA BC0/1/10、LTE 2/4/5/17/25/26/41、Wi-Fi 2.4GHz/5GHz(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth v4.0の周波数帯で取得しています。Source : FCCAnandTech



(juggly.cn)記事関連リンク
米AT&T、Snapdragon 400 1.6GHzデュアルコアを搭載した「Galaxy Tab 3 7.0 LTE」を発売
Android 4.2.2にアップデートした「Xperia A SO-04E」で、ドロワー上から消えた「スマートコネクト」アプリを起動する方法
Google Playギフトカードのヘルプに日本、韓国、オランダ、イタリア、スペインにおける使用方法が掲載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP