ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2013 : Sony、サイバーショットブランドのスマートフォン向け外付けレンズカメラ『DSC-QX10』『DSC-QX100』を正式に発表、9月下旬より発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Sonyは9月4日、“サイバーショット”ブランドのスマートフォン向け外付けレンズカメラ『DSC-QX10』『DSC-QX100』を正式に発表しました。2製品とも外見はデジカメのズームレンズのように見えますが、内部にイメージセンサー、画像処理エンジン、Wi-Fi、NFC、バッテリー、microSDカードスロット、シャッターボタンなどを備えた立派なデジタルカメラなのです。

普通のデジタルカメラと違うのは使用方法で、2製品ともスマートフォンと組み合わせて使用するのが基本となります。カメラ操作はスマートフォンの画面を利用して行い、スマートフォンにマウントして撮影することはもちろん、レンズカメラを手に持ってレンズを自分に向けて撮影したり、三脚に固定して撮影することもできます。機能面では、撮影シーンの自動選択検出、最大1080p@30p(MP4形式)の動画撮影も可能です。

『DSC-QX10』は、光学10倍ズームのGレンズと1820万画素のExmor Rイメージセンサーを内蔵したエントリーモデル。『DSC-QX100』は、光学3.6倍ズームのCarl Zeiss Vario-Sonnar Tレンズと1型の2020万画素Exmor Rイメージセンサー、BIONZ画像処理エンジンを内蔵した『RX100MkII』相当のスペックを誇るプレミアムモデル。2機種ともAndroidとiOSに対応し、それぞれ『PlayMemories Mobile v3.1』以上を搭載することで利用できるようになります。

『DSC-QX10』『DSC-QX100』はどちらも2013年9月下旬より発売され、本日より各地のSonyストアで予約受付が行われています。米国価格は、『DSC-QX10』が$249、『DSC-QX100』が$499です。

Source : Sony Europe



(juggly.cn)記事関連リンク
QualcommがMirasolディスプレイを搭載したAndroid対応のスマートウォッチ「Qualcomm Toq」を発表
Samsung、Galaxy S IIIとGalaxy S 4のAndroid 4.3アップデートを今年10月より実施予定
IFA 2013 : Sony Mobile、Miracastアダプタ「IM10」、スマートスタンド「IPT-DS10M」、Xperia Z1用クレードル「DK31」、カーホルダー「SPA-CK20M」、USBモバイルバッテリー「CP-F1LAM」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP