ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile “Honami“の中国版「L39h」が中国で認証を取得、本体サイズは144mm × 74mm × 8.5mm、質量は169gと認証資料に記載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの新フラッグシップ“Honami”の中国版とみられる「L39h」が中国 工信部の認証を取得しました。「L39h」はグローバル版では「C6902」として販売される3G HSPA+デモる。本体デザインはこれまでの流出写真・画像である程度知られていますが、認証資料には「L39h」のスペック情報も記載されており、流出情報がどれほど正確なものなのかを把握することができます。本体サイズは144mm × 74mm × 8.5mmで、質量は169gと記載されています。Xperia Zよりも縦、横、厚さ、質量いずれも大きくなっています。カラバリはブラック、ホワイト、ピンクと記載されていますが、これまでの流出画像にピンクはなく、代わりにパープルがありました。ディスプレイは5インチ1,920✗1,080ピクセルのTFT液晶、プロセッサは2.2GHzクアッドコア、カメラ画素数は、リアが800万画素以上、フロントが200万画素と記載されています。“Honami”のリアカメラは2,000万画素と言われていますが、資料でそのことは確認できません。OSはAndroid 4.2.2で、RAM容量は2GBと記載されています。Source : Tenaa



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、スマートフォン向けO2Oサービス「ショッぷらっと」を9月1日より商用サービス化
GoogleのHugo Barra氏が中国の新興スマートフォンメーカー 小米科技(Xiaomi)に移籍
パナソニック、国内における個人向けスマートフォン市場から撤退、携帯基地局も売却する方針との報道

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP