ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod 10.2 Nightlyの日本語対応が改善、フォントサイズのスライダー調節やQuickSettingsパネルのスイッチを通知パネル上に表示する新機能も追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.3ベースのカスタムROM「CyanogenMod 10.2」のNightlyビルドがリリースされて2週間が経過しますが、リリース時から最近までのビルドはCyanogenMod 10.2に追加された新項目を中心に日本語への対応が不十分でしたが、一昨日前より配信中のビルドで大幅に改善されました。リリース時点で「Display & Lights」と表示されていた項目は「画面とライト」に、「More」と表示されていたところは「もっと…」に翻訳されるなど、日本語への対応が改善されました。昨日以降のビルドで新設された項目などは日本語化されていませんが、ほぼ全ての項目が日本語で表示されるようになっています。また、最近のにghtlyビルドで、QuickSettingsパネルの各スイッチを通知パネル上にリボン型で表示する機能も追加されました。リボンとQuickSettingsパネルのスイッチの配置はリンクすることもできます。さらに、これまでは4段階で調節できたフォントサイズは、85%(小)~130%(極大)までの1%刻みのスライダーに変更され、例えば、「中」と「大」の中間サイズを指定するようなこともできるようになりました。Source : CyanogenMod



(juggly.cn)記事関連リンク
Googleが海外で販売中の「Nexus 4」の価格を25%以上も値下げ、米国では8GBモデルが$199、16GBモデルが$249に
米国の通販ショップでアンロック版「Moto X」が発売開始
「ASUS T004 Padfone Infinity A86」と「Acer S529(Liquid S2)」がGFX Benchmarkの公式サイトに登場

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP