ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ以上Twitterで炎上するバカを増やさないために対策作っておいた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は井上大紀さんのブログ『Gloomy blog』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/402824をごらんください。
※この記事は2013年08月14日に書かれたものです。

これ以上Twitterで炎上するバカを増やさないために対策作っておいた

さて、最近は毎日のように猛暑の日が続いていますね。多汗症である僕としては非常につらい日々を過ごしてますが、猛暑に負けじとバカな若者がTwitterで炎上するニュースが相変わらずメディアをにぎわせているようです。

彼らの悪ノリに関して、ここ1ヶ月間くらいネットやテレビなどのメディアでも盛んに取り上げられ、多くのコメンテーター、専門家、ブロガーなどが各々の意見を展開しています。こうしてブログを書いてる以上、僕もブロガーと名乗れるうちの1人ではあるのですが、僕みたいな変態ブロガーが今回の問題について真面目なエントリーを書いたところで、恐らく考えがまとまらずに途中からxvideosについて熱く語り出す結果になることは目に見えていたので、敢えてこれまではスルーしてきました。

しかし、さすがに一向に鎮火しない事態にこれは何とかしないといけないと思い立ち、10月に生まれる長男の名前を考えなければいけない忙しい時間の合間を縫って、今回この記事を書き始めました。良ければお付き合い下さい。

ネタがつまらない

まず悪ノリ画像をTwitterにアップしてキャッキャッ言ってる若者についてなんですけど、とにかくネタがつまらないですよね。個人的には「あい、とぅいまてぇーん!」以来のつまらなさだと思っています。倫理観とか衛生面を無視してネタ写真を撮ってるわりに、面白さが全然足りてないんです。どうせリスクを背負ってツイートするならせめて面白さに磨きをかけて、ジャック・ドーシーがつい「プッ」てなるくらいのツイートをして欲しいですよね。

まあ若い時は色々はっちゃけたいの分かるし、それをみんなに自慢したいのは分かるけど、せめて人に迷惑をかけないことと、内輪ネタのレベルを越えるネタを思い付いてからツイートして欲しいです。

色々な意見があるようで

んで、この問題に対する大人達の反応なんですけれども、さっと見ただけでもかなり色々な意見があるみたいですね。あまりのバカさに呆れる大人、悪ノリする若者に理解を示す大人、社会の仕組みに原因があると考える大人。まあ今回みたいな問題は様々な見方に別れるのは当然だし、正解なんてないんだろうけども、重要なのは誰も「具体的な対策」を提案できてないこと。社会的な罰則を与えるべきとか言ってる人もいるみたいですが、それでは一向に若者との溝を深めるだけなのでは?と思うわけです。

そこでなんですけど、転職したばかりで慣れない環境に気疲れしている僕が、その精神状態に鞭打って社会の秩序と若者の未来のために対策を作っておきました。この対策で若者が1人でも炎上するような画像をツイートするのを辞めて、飲食店やその他の人の迷惑になるような事件を減らす事が出来れば嬉しい限りです。

冷蔵庫に入っちゃうやつ

僕が8月から在籍している株式会社Nagisaという会社ではスマホで撮影した写真にコミカルなスタンプを押せる「かめカメラ」というアプリをリリースしています。簡単に説明すると漫画でよくあるバトルシーンの演出とかを簡単に挿入して遊べるアプリなんですね。こんな感じで。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/08/taisaku01.jpeg

そして今回炎上事件の対策としてはっちゃけたい若者のために、そのアプリに新しいスタンプを追加しておきました。そのスタンプを使えば実際に冷蔵庫に入らなくてもあたかも冷蔵庫に入ってる画像を作る事ができます。

こんな写真が


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/08/taisaku02.jpg

こんな感じに。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/08/taisaku03.jpg

こうしてスタンプで加工した写真をガンガンツイートしちゃえばいいわけです。弊社のディレクターF川氏のようにドヤ顔で撮っちゃって欲しいですね。

アイス用冷凍庫も作っといたので「おれは寝転がって撮りたい!」という人はこちらのスタンプをご活用下さい。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/08/taisaku04.jpg

未成年だけど飲酒しちゃうやつ

今回作ったスタンプはこれだけじゃありません。さすがに冷蔵庫のスタンプを追加しただけでは荒ぶる若者の悪ノリ欲求を満たせないのは知ってます。

未成年の飲酒。これも盛んに炎上してますよね。言うまでもなく犯罪です。でもイキった画像でみんなにアピールしたい気持ちは分かります。なので作っておきました。

こんな写真が


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/08/taisaku05.jpg

こんな感じに。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/08/taisaku06.jpg

もう未成年どころかうちの娘2歳ですけどストローでガンガンあおってますよ。中学生も高校生も実際はカルピスウォーターとか飲みながら、スタンプ活用してガンガンツイートしちゃえばいいわけです。こんな感じの缶のお酒スタンプもあります。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/08/taisaku07.jpg

マックのポテトを大量に注文しちゃうやつ

まあ、冷蔵庫に入るやつと未成年の飲酒を防げればかなり多くの若者の未来を救えるとは思いますが、さらにスタンプを作っておきました。マックで大量のポテトを購入して意味不明な自慢をしている若者のためのスタンプです。

これに関しては、全て食べ切るのであれば特に誰にも迷惑かけないし別に問題ないとは思いますが、個人的には若者からしたら結構金もかかるし、あれだけポテトを食べたら胃にも悪いと思うんです。言っても僕ももうすぐ2児の父親になるので、もはや親御さん目線で若者を心配してるわけですよ。そこで作ったスタンプがこちらです。

こんな写真が


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/08/taisaku08.jpg

こんな感じに


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/08/taisaku09.jpg

このスタンプさえあれば、

「Macにマックのポテト盛ったったwww」

というツイートもできるんですよ。これくらいのハイセンスなツイートであれば、ジャック・ドーシーも「麦茶返せwww」とかいってリツイートしてれるんじゃないですかね。知らんけど。

転職したばかりの分際でいきなり社内のデザイナーに「すいません、もう少しこんがり揚がった感じでお願いします」とお願いしながら作ったスタンプなんで、是非とも多くの人に活用して欲しいものです。

さて、いくつかのサンプルをご覧頂きましたが、今回のかめカメラの炎上スタンプには他にもタバコや吹き出しなど、ネタ的に使えそうなスタンプがいくつかあります。全て無料で使えますので若者はもちろんのこと、いつまでも遊び心を忘れない大人の人にも是非とも遊んで頂きたいです。

ダウンロードはこちらから

iOS用:「かめカメラ -マンガコラージュ写真をスタンプで簡単に作れる連写撮影カメラアプリ。誰でもマカンコウサッポウ、かめはめ波風の必殺技を打ってメールやライン(Line)で送れる-」 『iTurnes App Store』
https://itunes.apple.com/jp/app/kamekamera-mangakoraju-xie/id636435929?mt=8

Android用:「かめカメラ スタンプ加工。Line(ライン)メールで写真共有」 『Google Play』
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.inc.nagisa.camecamera

どうせ今までもネタ的にツイートして炎上してるんだから、人の迷惑にならないよう、このネタアプリでツイートしてほしいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

執筆:この記事は井上大紀さんのブログ『Gloomy blog』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年08月22日時点のものです。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP