ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フージョン、基本使用料0円の050IP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」のAndroidアプリをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フュージョン・コミュニケーションズは8月20日、同社のスマートフォンユーザー向けIP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」の公式アプリ「SMARTalk」のAndroid版をリリースしました。アプリの価格は無料。対応機種はAndroid 2.2以上を搭載した端末。「SMARTalk」は、フュージョンが発行する050で始まる電話番号を利用できる「IP-Phone SMART」のクライアントアプリで、他のIP電話アプリのように050番号を使って国内外に携帯回線よりも低価格で電話をかけることができます。同サービスの初期費用、月額基本料は0円。通話料は、IP-Phone SMARTユーザー同士と050IP電話の場合は0円、国内の携帯電話・PHS・固定電話との通話は8.4円/30秒。国際電話は8円/30秒。アプリにはプッシュ通知機能が搭載されており、アプリを起動していなくても着信が可能。電話番号は手入力、電話帳からのピックアップはもちろん、短縮ダイヤルを作成しておくことも可能。このほか、ノイズキャンセリング機能や、通話時の音声を録音すること、アプリ起動時の着信音をメディアライブラリから選ぶことも可能です。「SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする」(Google Playストア)Source : FUSION IP-Phone SMART公式サイト



(juggly.cn)記事関連リンク
ヤフー、“@yahoo.ne.jp”のメールアドレスを作成できるAndroid向け新メールアプリ「Yahoo!コミュニケーションメール」の提供を開始
北米で発売された「HTC One」と「Droid DNA」のAndroid 4.3アップデートは9月末までに実施予定、HTCの幹部が明言
KDDI、古いiPhone 4Sで別の家族がKDDIに加入すると、基本使用料とパケット定額料を割り引くキャンペーン「家族でスマホおトク割」を8月21日より開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP