ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村八分のギタリストとして知られる山口冨士夫が死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


村八分 『ぶっつぶせ! -1971北区公会堂 Live-』ジャケット画像(写真右が山口冨士夫)

 

伝説的なロック・バンド、村八分などで活躍した山口冨士夫が、昨日8月14日21:30頃に死去した。享年64歳。本人の意向により、葬儀は密葬になるという。

 


山口冨士夫 『1992 Atmosphere 1 # 2』ジャケット画像

 

山口はGSバンドのザ・ダイナマイツのギタリストとして67年にシングル“トンネル天国”でデビュー(同ナンバーではヴォーカルも担当)。バンドが69年末に解散すると、京都でチャー坊こと柴田和志らと村八分を結成し、日本のロック・シーンに大きなインパクトを残した。その後はリゾートやTEARDROPSなどのグループで活動を行い、名盤『ひまつぶし』をはじめとするソロ・アルバムも多数発表。裸のラリーズに在籍していた時期もあり、RCサクセションやシーナ&ザ・ロケッツらの作品にも参加していた。

2007年秋に持病の糖尿病が悪化し活動を休止したものの、2008年11月からライヴ活動を再開。2010年にはタワーレコード渋谷店で村八分のライヴ盤『ぶっつぶせ! -1971北区公会堂 Live-』の発売記念インストア・イヴェントを実施し、近年もザ・ダイナマイツのメンバーだった吉田博らとライヴを行っていた。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP